読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

老侍

老侍
電子書籍版
価格 770円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 352
販売開始日 2020/06/11
紙書籍版 取り扱い中

群雄割拠の戦国時代。武士たちは身命を賭して主君に仕え、家を守り、己の矜持のためにその生涯を生き抜いた。どんなに老いて体が衰えたとしても、その経験と智慧が輝きを失うことはない。
常に戦いの中に身を置き、死を傍らに感じる中で、武将たちはいかに考え、いかに生き残っていったのか。
最期の最期まで「侍」であることにこだわり続けた、六人の武将の生き様を描く作品集。


戦国時代に、「定年」はない――。

「意地の天寿」......龍造寺家兼(齢九十三)
「勝てば良かろう」......朝倉宗滴(齢八十二)
「不屈なれ」......長野業正(齢七十一)
「捨て身の思慕」......宇佐美定満(齢七十六)
「魂の檻」......武田信虎(齢八十一)
「過ぎたるもの」......島左近(齢六十一)

吉川永青関連作品

  • 憂き夜に花を 1760円
    作家 吉川永青
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2020/06/09

    時は享保。江戸の町は飢饉に沈み、失業者、果ては餓死者までが出る始末。為政者ですら救えないこの町を、文字通り明るく照らそうとする男がいた。花火師・六代目鍵屋弥兵衛。困った人を放っておけないこの男は...

  • 治部の礎 1034円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/15

    あの嫌われ者は、何のために闘い続けたのか――。歴史の細部を丁寧に掬う作家が現代人に問う、石田三成の志。渾身の書き下ろし長編。

  • 写楽とお喜瀬 1540円
    作家 吉川永青
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/10/11

    写楽絵誕生の裏側にあった慟哭と贖罪、そして救済の物語 江戸の街に忽然と現れ、わずか10か月で消え去った謎の絵師・写楽。その正体については様々な説が論じられてきた。しかし後の世に世界を瞠目させる...

  • 決戦!関ヶ原 (1~2巻) 792円880円
    作家 葉室麟 冲方丁 伊東潤 天野純希 矢野隆 吉川永青 木下昌輝 東郷隆 蓑輪諒 宮本昌孝
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/08/09

    慶長五年九月十五日(一六〇〇年十月二十一日)。天下分け目の関ヶ原の戦いが勃発。人気作家が散陣、話題の競作長編ついに文庫化。

  • 義経いづこにありや 1540円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    賭けるのは己が命。報酬は、天下。平家、頼朝を相手に、虐げられし者どもの乾坤一擲。吉川新人賞候補作家が放つ、新・源平合戦絵巻!

  • 戯史三國志 (1~3巻) 922円990円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    曹操に友と呼ばれながらも、狂気の将・呂布に寝返った軍師、陳宮。彼はいったい何を思ったのか。 小説現代新人賞受賞のデビュー作。

講談社文庫関連作品

  • 紅顔 660円
    作家 井上祐美子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    明の裏切り者と歴史に書き残された呉三桂と傾国の美女・円円、二人の純愛と明末の激動を清新な筆致で描きあげる、中国歴史長編小説。

  • 特急「白山」悪女の毒 660円
    作家 峰隆一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    金沢駅で下車した男が急死。犯人を特定できぬまま「白山」では第2、第3の事件が。背後にちらつく3人の美女と殺意の闇に潜む宿命。

  • 幸せのものさし 660円
    作家 森本毅郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    人生の幸せは、素敵な人とのめぐり逢い。柔らかな、心優しい眼で見つめる、人間の旅エッセイ集。自分の幸せは自分のものさしで測る!

  • あなたの正しさと、ぼくのセツナさ 817円
    作家 三輪太郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    ディーラーだった修一はカンボジアへと姿を消した。彼は何を求めて森に入ったのか? 私たちの正しさや生きる意味を問う挑戦的物語。

  • 犬はどこ? 734円
    作家 林丈二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    路上観察家として活躍する著者が40年間に出会った135匹の路地裏の犬たちを小気味よいエッセイと写真で一挙公開。路地裏の犬!

  • 原発労働記 713円
    作家 堀江邦夫
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    美浜、福島第一、敦賀の3つの原子力発電所で、自ら下請けとなって働いた貴重な記録=『原発ジプシー』に加筆修正し、復刊した名著。

「歴史・戦記」カテゴリ