読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

地域人 第59号 水を守る人と地域

地域人 第59号 水を守る人と地域
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 880円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 104
販売開始日 2020/07/17
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

大正大学地域構想研究所が編集、大正大学出版会が発行する地域創生のための総合情報誌。

特集は「水を守る人と地域」
日本は自然環境や温暖な気候により、おいしい水に恵まれ、独特の生活様式や文化が生まれ、継承されてきました。21世紀は水を巡る紛争の時代ともいわれ、人口増加や地球温暖化、産業の発展などによる世界の水不足が深刻になると懸念されています。今号では、日本の水を守る人、地域、企業の活動を追いながら、水の大切さについて考えます。

・特集インタビュー 沖大幹(東京大学大学院工学系研究科社会基礎学専攻教授)
・生水(しょうず)とともに生きる川端(かばた)と水辺の暮らし(滋賀県高島市針江地区)
・アイヌ語で、とても静かで平和なところ「占冠(しむかっぷ)」源泉のある小さな村(北海道占冠村)
・龍泉洞の水を生む広葉樹林の森を守り続ける人々(岩手県岩泉町)
・水源の森を守り、育て、都会の飲み水を支える(山梨県小菅村)
・水を育む豊かな森づくり 美しくも美味しい循環の物語(熊本県上益城郡・阿蘇郡サントリー天然水の森 阿蘇)
・健全な森からこそ清らかな水は生まれる「水の回路」(熊本県人吉市 鳥飼酒造 鳥飼和信社長)

このほか、

巻頭インタビューは、参議院議員・前滋賀県知事の嘉田由紀子さん。

養老孟司、島薗進、森まゆみ、河合雅司、二宮清純、吉村喜彦、森枝卓士、岩村暢子などの豪華連載も掲載。

大正大学地域構想研究所関連作品

大正大学出版会関連作品

「地域社会」カテゴリ