読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

文豪と食 食べ物にまつわる珠玉の作品集

文豪と食 食べ物にまつわる珠玉の作品集
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 902円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 272
販売開始日 2020/08/31
紙書籍版 取り扱い中

文豪たちは味覚も鋭い。そして案外、健啖家。近代日本を作り出した文豪それぞれの好みを反映した「食」の物語には、時代の精神も刻まれていた。食べることは血肉を作り、生きることに他ならない。そこには思想もあれば主張もある。鴎外は他人と間合いを測りながらつつく牛鍋を弱肉強食の闘争に例え、独歩は和洋折衷・官民融和の理想を重ねた。江戸っ子の漱石は蕎麦、西国出の芙美子はうどんと、好みには生まれも反映する。美食を追求する者もいれば、ただひたむきに食うもの、大志を立てて粗食をする者もいる。本当に「食べる」ことは奥が深い。『文豪と食』同様、いろいろな食べ物を取り揃えてみました。

目次
森鷗外「牛鍋」......牛鍋
国木田独歩「牛肉と馬鈴薯」......ビフテキ
夏目漱石「吾輩は猫である」より......蕎麦
林芙美子「小さい花」......うどん
正岡子規「御所柿を食いし事」......柿
幸田露伴「菊―食物としての」......菊
永井荷風「風邪ごゝち」......葱鮪
谷崎潤一郎「美食倶楽部」......美酒美食
芥川龍之介「魚河岸」......洋食いろいろ
泉鏡花「湯どうふ」......湯豆腐
岡本かの子「鮨」......鮨
夢野久作「お茶の湯満腹記」......茶懐石
斎藤茂吉「食」......鰻
山本周五郎「尾花川」......饗応と大志
太宰治「チャンス」......雀焼

長山靖生関連作品

中公文庫関連作品

  • 新着!
    軍国日本の興亡 日清戦争から日中戦争へ 990円
    作家 猪木正道
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/02/26

    日露戦争に大勝した日本はなぜ、ほぼ全世界を敵とする“自爆戦争”を招いたのか。暴走する陸軍と、看過した指導者たちの 絶望的な失策の系譜を辿る。 【巻末付録】軍国日本を生きる 猪木正道回顧録

  • 新着!
    ヤー・チャイカ 330円
    作家 池澤夏樹
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/02/26

    シングルファーザーの文彦と不思議な外国人との交流。宇宙を行く無人探査機と草を食む太古の生物。科学と自然を織り込んで描くのは、誰にも訪れる巣立ちの時。詩的でふくよかな短篇小説の逸品。

  • 新着!
    演劇入門 増補版 1320円
    作家 福田恆存
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/02/26

    生涯に一度、私の演劇観を具体的に述べ、一冊にまとめておきたい――。演劇人、シェイクスピアの翻訳者としての旺盛な著作活動の中から戯曲論、翻訳論、演出論、演技論等を自ら厳選。待望された著者唯一の入門...

  • 新着!
    利休の死 戦国時代小説集 946円
    作家 井上靖
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/02/26

    天正十年(一五八二)、武田が滅び、信長は本能寺で倒れ、それに代わった光秀が討たれ、天下は秀吉の手中へと動き出す――。桶狭間の戦い(一五六〇)から天目山の戦い、利休の死(九一)まで戦国乱世の三十年...

  • 新着!
    受難華 968円
    作家 菊池寛
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/02/26

    井の頭公園で〈秘密の結婚〉をする照子、道ならぬ恋に胸を焦がす寿美子、結婚後に夫の秘め事を知る桂子。女学校の仲良し三人組の恋愛と結婚に、思いもよらぬ試練が次々とふりかかる――。怒濤の昼ドラ的展開で...

  • 新着!
    孟嘗君と戦国時代 858円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/02/25

    古代中国の大国、斉に生まれた孟嘗君は「鶏鳴狗盗」の故事で名高い。多様な力が国と人とを動かす波瀾の時代に、智慧と誠実さを以て燦然と輝く存在であった孟嘗君を通して戦国時代を読み解く。書き下ろしエッセ...

「文化人類学・民俗学」カテゴリ