読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

台湾は日本人がつくった 大和魂への「恩」 中華思想への「怨」〈新装版〉

台湾は日本人がつくった 大和魂への「恩」 中華思想への「怨」〈新装版〉
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 990円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2020/09/29
紙書籍版 取り扱い中

日本による台湾統治は「侵略」でも「植民地」でもなかった!

いまなお台湾人から敬愛され、神として祀られる「日帝」時代の日本人。
疫病を台湾から追い出した医師、台湾人に「共通語」を与えた日本語教育など、
台湾の近代化に命を賭けた日本人たちの姿を通して日本の「過去」といまに続く日台の絆を問い直す。

――経済的数字から見れば台湾では植民地搾取どころではなかった。
台湾が日本の植民地というなら、日本国民は植民地のために搾取され、
台湾を肥らせ、甘やかしていたというのが史実である。
児玉源太郎総督の時代に、後藤新平が行った土地調査のことを、「土地略奪」だと中国人学者は歪曲・捏造して伝えているが、
そこには何の根拠もないのである。
むしろ、その逆が史実であることは、本書を一読すれば明らかだ。
(「まえがき」より)

[内容紹介]
第一章 日本の台湾経営は「侵略」ではなかった
第二章 台湾は日本の植民地ではなかった
第三章 近代台湾のインフラをつくった日本人
第四章 台湾の衛生環境を飛躍的に改善した日本の医療
第五章 飢餓の島を豊かな産業国家に変えた日本人
第六章 台湾人の教育に命を賭けた日本人
第七章 台湾にいまも残る日本精神

黄文雄関連作品

徳間書店関連作品

「世界史」カテゴリ