読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

薬のギモン早わかり帖

薬のギモン早わかり帖
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1540円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 136
販売開始日 2020/10/02
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

不調が起きたときに飲む「薬」について、どこまで知っていますか?薬の専門家がわかりやすく答えます。

頭痛や生理痛、風邪をひいた、便秘になった......など、不調のときに薬を飲むこともあるでしょう。
そんなふだん飲んでいるお薬について、皆さんはどこまで理解していますか?
「飲み薬と注射はどこが違うの?」「痛み止め薬が、痛い部分に効くのはなぜ?」「漢方と医薬は何が違うの?」「ウイルスはどう変化していく?」「ワクチンて何?」などなど、薬とからだの仕組みから、気になる薬用語の解説までわかりやすく説明します。


藤井 義晴(フジイヨシハル):兵庫県加古川市生まれ。京都大学農学部栄養化学研究室、同大学院博士課程、農林水産省農業技術研究所、農業環境技術研究所などを経て、現在東京農工大学特任教授。専門はアレロパシー(他感作用)。日本と世界からアレロパシーの強い植物を探索し、植物が作る生理活性物質の研究を行っている。著書に『アレロパシー』(農文協)、『植物たちの静かな戦い』(化学同人)、『ヘンな名前の植物』(化学同人)、『植物たちの生き残り大作戦』(新星出版社)などがある。

藤井義晴関連作品

  • 植物たちの生き残り大作戦 1210円
    作家 藤井義晴
    出版社 新星出版社
    販売開始日 2020/04/10

    虫に葉を食べられたキャベツがその虫を食べるハチを呼んだり、ライオンに踏んづけられて旅をしたり、絶対に葉を落とさないやつがいたり。そんな植物たちの作戦をのぞいてみたら、思わず引き込まれる面白知識が...

主婦の友社関連作品

「家庭の医学」カテゴリ