読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

クサリヘビ殺人事件 蛇のしっぽがつかめない

クサリヘビ殺人事件 蛇のしっぽがつかめない
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 713円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 415
販売開始日 2020/10/06
紙書籍版 取り扱い中

動物診療所を営む獣医・遠野太一の幼馴染で、ペットショップを経営する小塚恭平が、自宅マンションでラッセルクサリヘビに噛まれて死んだ。ワシントン条約で取引が規制されている毒蛇が、なぜこんなところに? 死に際に恭平から電話を受けて現場に駆けつけた太一は、恭平の妹で今は東京税関で働いている利香とともに、その謎を解き明かそうとするが、周囲に不穏な出来事が忍び寄り......。

越尾圭関連作品

宝島社文庫関連作品

  • スパイに死を 県警外事課クルス機関 792円
    作家 柏木伸介
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/11/06

    在日ロシア大使館駐在武官にしてGRUの諜報員ビクトル・コサチョフ。愛国文化人としてふるまいながら実際は中国のエージェントであった守屋康史。その二人が、立て続けに殺害される。二人の手には“スパイに...

  • 京都伏見のあやかし甘味帖 (1~6巻) 644円673円
    作家 柏てん
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/11/06

    ワーカホリックな29歳、れんげ。会社から唐突な退職勧告を受け帰宅すると、結婚予定の彼氏と見知らぬ女!?「俺がいなくても、れんげは生きていけるだろ?」。そんなことあるか、ボケ!! 傷心のれんげは旅...

  • 県警外事課 クルス機関 644円
    作家 柏木伸介
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/11/06

    “歩く一人諜報組織”=《クルス機関》の異名を持つ神奈川県警外事課の来栖惟臣(くるすこれおみ)は、日本に潜入している北朝鮮の工作員が大規模テロを企てているという情報を得る。違法な囮捜査を駆使して工...

  • 起爆都市 県警外事課クルス機関 673円
    作家 柏木伸介
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/11/06

    数々の違法捜査で交番勤務に配置換えされている、公安警察の来栖惟臣。彼は、横浜中華街で爆破事件の起きた翌日に、警備部長の厚川から呼び出しを受けた。米兵による中国人少女レイプ事件に端を発し、対立が激...

  • 玉村警部補の巡礼【電子特典付き】 683円
    作家 海堂尊
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/11/06

    累計1000万部突破『チーム・バチスタの栄光』シリーズに登場する“加納&玉村"コンビが、お遍路道中で難事件を解決! 休暇を利用して八十八ヵ所を巡拝する四国遍路に出た玉村警部補。しかし、なぜか同行...

  • 谷中レトロカメラ店の謎日和 594円
    作家 柊サナカ
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/10/06

    東京下町の風情残る谷中にたたずむレトロカメラ店・今宮写真機店。中古のクラシックカメラを専門に扱っている三代目店主の今宮龍一とアルバイト山之内来夏の元には、さまざまな客が謎を運んでくる。カメラの修...

「日本」カテゴリ