読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

地域人 第62号 ポスト成長社会の地域と経済

地域人 第62号 ポスト成長社会の地域と経済
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 880円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 120
販売開始日 2020/10/16
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

大正大学地域構想研究所が編集、大正大学出版会が発行する地域創生のための総合情報誌。

【巻頭インタビュー】広井良典(京都大学こころの未来研究センター教授)

【特集】ポスト成長社会の地域と経済

経済の長期低迷、人口減少社会への移行や少子高齢化の進展とも相まって、
「拡大・成長」を軸とする従来の経済とは大きく異なる“新たな社会モデルの構想”への転換が急務となっています。
コロナ禍で世界経済の落ち込みが明らかになる中で、
ポスト成長社会、成熟社会における豊かさをどのように実現しておけばよいのでしょうか。
都市集中型社会から地方分散型社会への転換という大きな課題を踏まえ、
専門家による提言と事例を基に考えていきます。

・縮小社会への転換(松久 寛)
・小水力発電で地域再生(平野彰秀)
・里山経済(松村正治)
事例:里山教室(まちやま)
・山水郷と地域再生(井上岳一)
事例:中村ブレイス
・沼垂テラス商店街(高岡はつえ)
事例:and wood/KADO shoe repair & beer stop/mountain△grocery
・サーキュラー・エコノミー
事例:ゴミ、資源の回収事業(しんえこ)
事例:ゴミ収集のスマート化事業(小田急電鉄×座間市)
・ICTを利用した農業と教育(桑原 悠)
・MMT(現代貨幣理論)(中村剛志)
・「ポスト成長社会の地域と経済」のビジョンと道すじを考える書籍10冊

このほか、
鎌田薫、島薗進、森まゆみ、河合雅司、二宮清純、吉村喜彦、森枝卓士、岩村暢子などの豪華連載も掲載。

大正大学地域構想研究所関連作品

大正大学出版会関連作品

「地域社会」カテゴリ