読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

総統とわたし 「アジアの哲人」李登輝の一番近くにいた日本人秘書の8年間

総統とわたし 「アジアの哲人」李登輝の一番近くにいた日本人秘書の8年間
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1540円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 208
販売開始日 2020/10/23
紙書籍版 取り扱い中

■追悼刊行 日本を思い、台湾を愛した偉大なる政治家、李登輝の人間像に迫る
きっかけは、大学の卒業旅行だった。何気なく見たはずの台北市長選の、熱気に引き込まれた。言葉はわからず、知識もないのに「台湾熱」に浮かされてしまった。そして10年経った2012年、私は李登輝元総統の秘書に指名される――本書は2020年7月30日に97歳で逝去した李登輝・元台湾総統の最も近くにいた日本人秘書が見た、人間味あふれる偉大なアジアの哲人の、最後の8年間の記録である。「暴れん坊将軍とハンバーガーとコーラが好き」「機械に強い」「超現実主義者」「自宅地下に巨大な書庫とシアタールームとゴルフ部屋がある」など最側近の著者ならではの知られざるエピソードが満載。「稀代の人たらし」李登輝のオンとオフを余すところなくみせる1冊!

[目次]
序 章 私が台湾総統の秘書になるまで
第1章 側近の私だけが知っている素顔の総統
第2章 光る政治手腕と人間力
第3章 李登輝の背骨は日本にある
第4章 日本と台湾、東アジアの未来
終 章 アジアの哲人を見続けた八年間と、これから

<著者略歴>
早川友久(はやかわ・ともひさ)
1977年、栃木県足利市生まれ。早稲田大学卒。2003年より金美齢事務所の秘書として活動。2007年から台湾大学法律系(法学部)へ留学。台湾大学在学中に李登輝訪日団スタッフを3回務め、メディア対応や撮影を担当するスタッフとして、李登輝チームの一員となる。2012年、李登輝から指名を受け「李登輝総統事務所」の秘書に。総統や家族の信頼も厚く、最期まで総統の政治活動を支えた。

【企画協力】
ランカクリエイティブパートナーズ

※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『総統とわたし 「アジアの哲人」李登輝の一番近くにいた日本人秘書の8年間』(2020年10月17日 第1刷)に基づいて制作されました。
※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

ウェッジ関連作品

「政治・行政学」カテゴリ