読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

世紀末の地球儀

世紀末の地球儀
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1430円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 228
販売開始日 2020/10/26

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

定型詩のあり方を探る坪内稔典論集
現代俳句のコトバはどこへ行くのか? 俳句・短歌を論じ、定型詩のあり方を探り、コトバの生死する現場からの招待状。坪内氏の思想的根拠を伝え熱をはらむ最新評論集、復刊。

坪内稔典関連作品

  • 俳句の根拠 1650円
    作家 坪内稔典
    出版社 アットマーククリエイト
    レーベル 象の森書房
    販売開始日 2020/10/26

    近世・近代俳人論 現代俳句のことばと根拠を芭蕉、鬼貫、子規、虚子、波郷、赤黄男、鷹女等近世・近代俳人の軌跡のうちに辿り、一貫した俳句表現論を展開する。復刊。

  • 土曜の夜の短かい文学 1320円
    作家 坪内稔典
    出版社 アットマーククリエイト
    レーベル 象の森書房
    販売開始日 2020/10/26

    〈継承と想像〉の課題に挑む関西俳壇を凝視して描く、活躍する俳人100余名の作品論・作家論。俳人の心象風景を訪ね歩く、エッセイ風“俳句鑑賞講座”

  • 大事に小事 1320円
    作家 坪内稔典
    出版社 創風社出版
    販売開始日 2014/02/28

    あとがきで著者は「私は四国の佐田岬半島で育った。半島の中ほどのその村の日々が私の感受性や考え方の原型を形成した。このエッセー集は、村を離れた私が、私自身の原型を確かめようとしたものである。」と記...

象の森書房関連作品

「詩・短歌・俳句」カテゴリ