読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

絶局 本能寺異聞

絶局 本能寺異聞
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1683円(税込)
ポイント還元 16ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 288
販売開始日 2020/10/29
紙書籍版 取り扱い中

武将はみな、戦国という盤上の碁石なのか?

「信長公の首級は何処にある」
囲碁名人の本因坊算砂は息が止まりかけた。
慶長十二年師走、大坂の陣が勃発する七年ほど前の駿府城。
すでに将軍職を嫡男の秀忠に譲り、
今は大御所政治を敷いている徳川家康と
対局している最中の出来事だった。
心中深く見通すような眼光で睨んでくる家康に、
沈黙するほかない算砂――。
家康の気迫が込められた、
堅固な盤を打ち抜かんばかりの碁石の音が、
算砂の「炎の記憶」を呼びさましたのであった。
算砂は、日海と名乗っていた若かりし頃、
戦国の荒波に翻弄され、図らずも本能寺の変に触れていた。
いまだ見つからない織田信長の亡骸、
依然と知れない明智光秀の肚の内。
茶会や連歌の会、安土築城などに潜む数々の謎。
なにが謀反を引き起こしたのか?
信長や光秀、松永久秀、荒木村重、
佐久間信盛、斎藤利三ら武将、
五摂家筆頭の近衛前久、連歌師の里村紹巴、
堺商人の小西隆佐、雑賀衆の鈴木孫一と善住房、
薬師の曲直瀬道三、神主の吉田兼和、
宣教師のオルガンティーノらは、国盗りという盤上の碁石なのか?
若き法華僧の棋士が戦国人の間近で見た
歴史の棋譜を描く、瞠目の長編歴史小説。

坂岡真関連作品

  • はぐれ又兵衛例繰控 (1~2巻) 726円
    作家 坂岡真
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/11/11

    例繰方与力の平手又兵衛は、南町奉行所内で「はぐれ」と呼ばれる変わり者。判例をすべて諳んじられる驚異の記憶力を持つが、厄介事には無関心。そんな又兵衛が奉行所へ駆けこんできた女郎の死を契機に理不尽な...

  • 鬼役 (1~16巻) 618円704円
    作家 橋本孤蔵 坂岡真
    出版社 リイド社
    レーベル SPコミックス
    掲載誌 コミック乱ツインズ
    販売開始日 2020/09/14

    将軍家毒味役の矢背蔵人介は、幕府の重役から命を受け、白洲で裁けぬ悪を斬る刺客であった。鬼役・蔵人介の活躍を描く超一級時代劇!

  • 照れ降れ長屋風聞帖〈新装版〉 (1~9巻) 550円748円
    作家 坂岡真
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/09/09

    日本橋魚河岸と背中合わせの、履物屋と傘屋がひしめく照降町。九尺二間の貧乏長屋に仲人稼業のおまつ、連れ子のおすずと肩寄せ合って暮らす浅間三左衛門は一見冴えない痩せ浪人だが、元は上州七日市藩士、しか...

  • 火盗改しノ字組 (1~4巻) 750円765円
    作家 坂岡真
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    「鬼役」の坂岡真、渾身の新シリーズ発進! 火盗改の駆け出し侍が、個性豊かでアクの強い仲間たちと江戸の巨悪に敢然と立ち向かう。 九代将軍徳川家重の治世。越後新発田藩の浪人の息子・伊刈運四郎は、直...

  • 帳尻屋仕置 (3~6巻) 550円572円
    作家 坂岡真
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/07/05

    神田馬ノ鞍横町で口入屋を営む蛙屋忠兵衛は、大店のおこぼれの小商いばかりで、うだつの上がらぬ毎日。昼酒を啖い、無聊を託つが、忠兵衛には女房のおぶんも知らぬ裏の顔があった――。雲弘流の達人、「殺生石...

  • 帳尻屋始末 (1~3巻) 550円561円
    作家 坂岡真
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/06/28

    訳あって脱藩し、雲州から江戸に出てきた若い浪人・琴引又四郎。古びた口入屋「蛙(かわず)屋」に足を踏み入れたことから、江戸の悪を懲らしめて善悪の帳尻を合わせるという「帳尻屋」と呼ばれる集団と関わる...

小学館関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ