読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ほんのよもやま話 作家対談集

ほんのよもやま話 作家対談集
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1599円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2020/10/30
紙書籍版 取り扱い中

人気作家46組がずらりとそろった豪華対談集!
「いま、何を読んでいるの?」「これからどんなものを書くの?」
書き手同士だからこそわかる創作秘話を語ったり、
お互いにオススメの一冊を紹介し合ったり。
作家同士のつながりや意外な組み合わせから、読書の楽しみがぐんぐん広がります。

★例えばこんな組み合わせ
島田荘司&伊坂幸太郎「島田さんの本を読んで小説を書き始めました」
佐藤友哉&島本理生「夫婦対談ってはじめてだよね」
江國香織&島田雅彦「自分より上手い小説を読むと傷つくじゃない(笑)」
川上弘美&林真理子「出合った時に私のための小説だと思ったもの」
藤野可織&松田青子「洒落たラブストーリーやんな」「あれ私も大好き!」
村田沙耶香&穂村弘「傑作だから嫌いなんです」
青山七恵&綿矢りさ「ヘミングウェイのタフさに憧れるよね」

日々たくさんの作家にインタビューを重ねる瀧井朝世さんによるセッティングならではの
贅沢なラインナップで、読みたい本がどんどん増える対談集です。

【全46組】
桜木紫乃&桜庭一樹 朝井リョウ&西加奈子 島本理生&佐藤友哉
村山由佳&千早茜 山崎まどか&柚木麻子 青山七恵&綿矢りさ
山内マリコ&速水健朗 松田青子&藤野可織 村田沙耶香&穂村弘
島田荘司&伊坂幸太郎 恩田陸&辻村深月
岸本佐知子&クラフト・エヴィング商會 角田光代&川村元気
羽田圭介&中村文則 豊崎由美&阿部賢一 古市憲寿&加藤千恵
藤井光&小野正嗣 古川日出男&柴崎友香 西崎憲&米澤穂信
宮田珠己&金沢百枝 深緑野分&岡崎琢磨 長嶋有&和嶋慎治
須賀しのぶ&芦沢央 ジェーン・スー&春日太一
日高トモキチ&宮内悠介 垣根涼介&早見和真 星野智幸&松田青子
小嶋陽太郎&渡辺優 Pippo&古谷田奈月 森絵都&辻堂ゆめ
畑野智美&森見登美彦 東山彰良&小野正嗣 江國香織&島田雅彦
白岩玄&山崎ナオコーラ 中島京子&金井真紀 彩瀬まる&尾崎世界観
天野健太郎&斎藤真理子 朝井リョウ&奥田亜希子 高橋久美子&浅生鴨
今村昌弘&千街晶之 恒川光太郎&真藤順丈 朝比奈あすか&平野啓一郎
本谷有希子&武田砂鉄 はらだ有彩&王谷晶
平松洋子&小川糸 林真理子&川上弘美

瀧井朝世関連作品

文春e-book関連作品

  • カウントダウン・メルトダウン (3~4巻) 2200円
    作家 船橋洋一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/02/26

    第44回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作を緊急電子化! 福島原発事故関係者、日米要人300名余に徹底取材。「もうだめか」。首都に被害が及ぶことは想定されていた。衝撃のノンフィクション

  • 父を撃った12の銃弾 2200円
    作家 ハンナ・ティンティ 松本剛史
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/02/25

    アメリカ最高のミステリーに与えられる エドガー賞最優秀長編賞最終候補。 わたしの父の身体には、 たくさんの銃弾が刻んだ傷跡がある――。 全米の書評を絶賛の声で埋めつくした、少女と銃と父と、い...

  • ここじゃない世界に行きたかった 1599円
    作家 塩谷舞
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/02/25

    あたりまえに生きるための言葉を取り戻す。 出会うべき誰かと強く惹かれあうために――。 アメリカ在住のエッセイストが贈る、瑞々しいデビュー作! 「バズライター」が自分を取り戻すために綴り続け...

  • 危機の世界史 2001円
    作家 ダン・カーリン 渡会圭子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/02/25

    コロナに揺れる今こそ過去の危機に学べ 文明は常に滅亡の危機にさらされてきた。 青銅器文明、ローマの崩壊からキューバ危機、そして黒死病の記録が現代人に教えるものとは。 人気ポッドキャスターが名調子...

  • 帝国の弔砲 1801円
    作家 佐々木譲
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/02/25

    なぜ彼は、工作員として日本に潜伏したのか―― ミステリの名手による新たな挑戦。圧巻のスケールの〈改変歴史冒険小説〉! ロシア沿海州に開拓農民として入植した小條夫妻の次男・登志矢は、鉄道工科学校...

  • いわいごと 1400円
    作家 畠中恵
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/02/25

    麻之助、ついに後妻をとる――!? 江戸町名主の跡取り息子・高橋麻之助のもとに縁談が三つも!だが、どの縁談も妙なところがあるようで......。果たして縁談の行方は!?

「文芸評論・ブックガイド」カテゴリ