読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

疫病の日本史

疫病の日本史
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 822円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 224
販売開始日 2020/11/25
紙書籍版 取り扱い中

新型コロナウイルス対策では中国や欧米諸国のようなロックダウンも行わず、世界中から「ゆるい」と指摘されていた日本。にもかかわらず、結果的には感染者・死者の数も世界的に低い数字で抑えられ、その衛生文化について注目が集まっています。本書は「ペスト」など世界で流行した歴史上の感染症のうち、日本で大流行しなかった疫禍を取り上げ、それがなぜなのかということを探るとともに、日本で大流行した「結核」その他の疫病が、日本史上、どのような政変をもたらしたのかについてまとめた一冊です。

本郷和人関連作品

井沢元彦関連作品

宝島社新書関連作品

  • 9割の中間管理職はもういらない 891円
    作家 佐々木常夫
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社新書
    販売開始日 2020/12/10

    半年たってもコロナ禍はおさまらず、多くの企業で在宅勤務が定着しつつあります。オンライン会議やデジタルツールなどで、会社における「個」のコミュニケーションが深まる一方で、従来の集約型で情報や労務管...

  • MMTが日本を救う 891円
    作家 森永康平
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社新書
    販売開始日 2020/10/28

    新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界経済が深刻な落ち込みを見せる中、世界各国でベーシックインカムや無制限の金融緩和など、財政政策や金融政策について大胆なものが求められ、実行されている。そんな未...

  • 自粛バカ リスクゼロ症候群に罹った日本人への処方箋 802円
    作家 池田清彦
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社新書
    販売開始日 2020/09/29

    『ホンマでっか!? TV』でおなじみの生物学者・池田清彦氏が放つ痛快エッセイ。自粛警察という同調圧力、感染者は徹底的にゼロを求めるリスクゼロ幻想、なんとなく多数派にのる政府と国民......コロ...

  • 誤解だらけの発達障害 792円
    作家 岩波明
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社新書
    販売開始日 2020/09/11

    累計10万部のベストセラー『発達障害』(文春新書)著者による最新刊! 「発達障害」のグレーゾーンとは? あらゆる疑問に答える一冊です! メディアに溢れる発達障害に関する情報は"玉石混交"であり、...

  • カラー版 江戸の家計簿 990円
    作家 磯田道史
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社新書
    販売開始日 2020/07/22

    ベストセラー『江戸の家計簿』が新しいトピックを大幅追加し、カラー化されて再登場! 奉行の年収3億円、卵1個316円、4畳1K家賃が月4850円――武士や町人の生活を、物価や収入からひもとき、イラ...

  • 新型コロナと貧困女子 891円
    作家 中村淳彦
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社新書
    販売開始日 2020/06/25

    新型コロナウイルスの拡大で全国に「緊急事態宣言」が発令された。最も打撃を受けているのが、風俗、水商売、アダルトビジネスに従事する女性たちだ。もともと貧困層が多かった地下経済の主役たちは、コロナシ...