読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

だれも「おかしい」と言わない小学校〈超管理教育〉の実態

だれも「おかしい」と言わない小学校〈超管理教育〉の実態
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1980円(税込)
ポイント還元 19ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 226
販売開始日 2020/11/06
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

安倍政権下での“上意下達”の〈超管理教育〉の危うさを訴えるとともに〈学び〉の本質をさまざまな角度から掘り下げた、教師・保護者必読の書。
「これおかしくないですか?」
●職員会議が、管理職からの指示をパソコンで伝える場となっている。
●ほとんどの小学校教諭が「英語」を教える免許を持っていないのに、英語の授業をさせられている。
●授業時間が詰まり過ぎていて、子どもたちは給食を15分で食べなければならない。
●教員の仕事量は年々増え続けているのに、「働き方改革」で「残業するな」と管理職から言われる。そのために教員はみな家に仕事を持ち帰っている。
......他。

平山裕人関連作品

  • シャクシャインの戦い 2750円
    作家 平山裕人
    出版社 寿郎社
    販売開始日 2019/12/13

    1969年6月、幕府を揺るがす〈アイヌの一斉蜂起〉が始まった。 本書はその近世最大の民族戦争〈シャクシャインの戦い〉の全貌に迫る一冊。 具体的な史料すべてに目を通しアイヌ伝承などにもあたり、実際...

寿郎社関連作品

  • 《世界》がここを忘れても 1980円
    作家 清末愛砂 久保田桂子
    出版社 寿郎社
    販売開始日 2020/11/06

    9.11後のNATO侵攻、タリバン政権の崩壊と混乱、そしてISの台頭......
激動のなか、それでも国内で暮らし、あるいは難民キャンプで生活せざるをえなくなったアフガンの人々。
とりわけ、虐げ...

  • 日本の歩みを強く危惧する 1650円
    作家 玖村敦彦
    出版社 寿郎社
    販売開始日 2020/05/01

    明治以来、日本はアジアの近隣諸国に多大な加害を及ぼしながら、戦後、その責任の取り方が極めて不十分であった。そのため<和解>が未だできずにいる。特に安倍政権は過去を正当化し、米国の軍事力への依存を...

  • 難行苦行の〈絵描き遍路〉をやってみた 1870円
    作家 イマイカツミ
    出版社 寿郎社
    販売開始日 2020/05/01

    体力自慢の富良野の絵描きが野宿しながら八十八ヶ所をひと寺1時間で描いて廻った前人未踏の歩き遍路。各寺の御朱印も絵とともに収録。北大路公子さん(人気エッセイスト)も絶賛する、これまでにない寺めぐり...

  • アイヌの法的地位と国の不正義 2310円
    作家 市川守弘
    出版社 寿郎社
    販売開始日 2020/05/01

    〈アイヌコタン〉は江戸時代まで支配領域を持ち、代表者(長)がいて、訴訟手続きなどの法規範を持った《主権団体》であった。ところが明治になって新政府はそうしたコタンの権限を一方的に奪った――。〈アイ...

  • ごまめの歯ぎしり 1980円
    作家 計良光範
    出版社 寿郎社
    販売開始日 2019/12/13

    北海道から世界に向けて〈アイヌ文化〉と〈先住民の権利〉について発言してきた著者の20年にわたる反骨のコラム集。市民グループ「ヤイユーカラの森」の会報『Yay Yukar Park』掲載等をまとめ...

  • 北海道大学もうひとつのキャンパスマップ 隠された風景を... 1760円
    作家 北大ACMプロジェクト
    出版社 寿郎社
    販売開始日 2019/12/13

    札幌の❝観光名所❞北大キャンパスには、かつてアイヌコタンがあった――。大学が積極的に語ろうとしない〈負の歴史〉にも光を当てて、ゆうし有志教員と学生、外部の研究者らが書いた《正史》には記録されない...

「学校・教師」カテゴリ