読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

それを小説と呼ぶ

それを小説と呼ぶ
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 2585円(税込)
ポイント還元 25ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 352
販売開始日 2020/11/25
紙書籍版 取り扱い中

「批評」の終幕、そして「小説」の到来。小説という問題への探求、その思考の足跡をすべて刻んだ文芸批評家としての最後の主著。

これは「小説」の到来をめぐる書物である。「小説」は誰かに(私に?)よって書かれるのではなく、
誰かのところに、私のところに、或る時、とつぜんにやってくるのだ。
私はそう思っている。
――あとがきより

ボルヘス、高山羽根子、ウィトゲンシュタイン、円城塔、保坂和志、
マルクス・ガブリエル、筒井康隆、ゴダール、セザンヌ、ロラン・バルトetc.
「世界」「神」「無限」――、マクロなテーマについて思考することが、
いつのまにか「小説」の到来を呼び込む、そんな目論見に沿った論述は、どこに向かうのか?

佐々木敦関連作品

講談社関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    家を建てるなら 660円
    作家 見延典子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    家を建てたりリフォームしたりするときに家族が直面する願望、希望、断念などのドタバタには、考えるべき人間的問題が潜んでいる。

  • 新着!
    妖人白山伯 817円
    作家 鹿島茂
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    パリの日本公使館で、老残を湛えた謎の紳士が、原敬に流暢な日本語で声をかけてきた...。維新で暗躍した謎の大山師えがく異色の長編。

  • 新着!
    輪舞 660円
    作家 瀬戸内晴美
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    苦い恋、欲得がらみの騙し合い、切ない純愛など、情事の金の皮肉な輪転に、多彩な恋愛心理を鮮やかに描く、連作短編集。

  • 新着!
    木を植えた男を訪ねて ふたりで行く南仏プロヴァンスの旅 838円
    作家 新井満 新井紀子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    夫婦で訪ねたのは「環境文学」の先駆的な名作『木を植えた男』の作者ジオノの故郷。植樹とは平和運動なのであると知る「発見の旅」。

  • 新着!
    夜の明ける前に 660円
    作家 曽野綾子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    人間の生のいとなみは、いかに脆いものか。微妙な心理の揺曳をすくいあげる短編傑作選。永遠の生命を求め現実を照射する12編。

  • 新着!
    無名詩人 660円
    作家 曽野綾子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    出会いと別れにみる、人生の仕合せと不幸。想像もおよばない数奇な生涯。想像を絶する数奇な生涯を描く著者自選の13の傑作短編集。

  • 新着!
    渇く 660円
    作家 瀬戸内寂聴
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    萌は不治の病気を宣告された晋也をインドに...。本当の幸せとは好きな人と一緒にいられること。満たされない愛の渇きを癒す感動長編。

  • 新着!
    東京ゲンジ物語 660円
    作家 樹林伸
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    美少女ヒカル。彼女の両親、友達......皆、さまざまな事件に巻き込まれ、命を落としていく。鬼才の作家が描く、記憶と死のミステリー。

  • 新着!
    放浪について 660円
    作家 瀬戸内晴美
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    無性に二条・西行・一遍のような放浪に憧れる。中尊寺での得度後、道元の「すててこそ」の境地を得る1年の心の移りを華麗つづる。

  • 新着!
    無法者 660円
    作家 佐藤雅美
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    関八州では幕府の命で、やくざが岡っ引のような下働きをしていた。やくざは、食うか食われるか。新しい視点で捉えた天保水滸伝。

  • 新着!
    薔薇館 660円
    作家 瀬戸内晴美
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    薔薇園のある旧家の女主人は、娘二人が自分の恋人に異性として関心を抱いていると知り、強い衝撃をうけた。愛の三角形の行方は?

  • 新着!
    ハプニングみたい 1068円
    作家 いとうせいこう 岡崎京子
    出版社 講談社
    販売開始日 2021/01/22

    あのいとうせいこうくんが、岡崎京子ちゃんと組んでこしらえた、なんとも不思議なハプニング。どんなハプニングかって?