読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

三菱今昔 150年目の名門財閥―週刊東洋経済eビジネス新書No.347

三菱今昔 150年目の名門財閥―週刊東洋経済eビジネス新書No.347
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 550円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2020/11/20

1870年(明治3年)の創業から2020年で150周年を迎えた名門財閥。三菱は幅広い事業分野に根を張る日本を代表する企業集団だ。グループの企業数は4521社。3大財閥グループの中でも群を抜く。資産、負債・純資産計は約433兆円にも上り、その額は国の資産が約670兆円であるのと比べると圧倒的だ。歴史の流れとともに、最強集団としての地位を強固にしてきた三菱。かつてないグローバル化やデジタル化という令和の荒波を前に、150年目という節目に立った名門財閥はどこへ向かうのか。その「潜在力」と「山積する課題」を追った。

本誌は『週刊東洋経済』2020年3月21日号掲載の34ページ分を電子化したものです。

週刊東洋経済編集部関連作品

週刊東洋経済eビジネス新書関連作品

週刊東洋経済関連作品