読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

密着取材・地球帰還までの2195日 ドキュメント「はやぶさ2」の大冒険

密着取材・地球帰還までの2195日 ドキュメント「はやぶさ2」の大冒険
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1430円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 304
販売開始日 2020/12/14
紙書籍版 取り扱い中

辿り着いた小惑星は岩石だらけの「怪物」だった!
密着取材6年で描く、「世界初」連発の舞台裏。手に汗握るノンフィクションの傑作

私たち生命はどこから来たのか?
そして太陽系はどのように誕生したのか?
宇宙科学の2大テーマの解明をミッションに掲げた日本の探査機「はやぶさ2」がついに小惑星のかけらを持ち帰った。直径約10mの人工クレーター作成、着陸精度60センチメートルの驚異のタッチダウンなど、立て続けに7つの「世界初」を達成したが、その舞台裏は苦難の連続だった。様々な「想定外」が起きて、一時は着陸が危ぶまれるほどだった。しかし、40代前半の若きリーダー・津田雄一プロジェクトマネージャの陣頭指揮のもと、「チームはやぶさ2」は次々に解決策を見出し、数々の逆境を乗り越えた。その快挙の裏には、周到に用意された驚くべき成功の方程式が存在した。6年におよぶ密着取材で、手に汗握る着陸ミッションの舞台裏を描き出す。

特別篇では、ジャーナリストの池上彰氏と原晋 青山学院大学陸上競技部監督が、はやぶさ2を成功に導いた、3つの「勝利の方程式」を分析する。

構成
第1章 「世界初」の旅立ち
第2章 リュウグウとの闘い
第3章 はやぶさ初号機のリベンジ
第4章 人工クレーターを作れ!
第5章 はやぶさ2からの贈り物
第6章 初号機から2号機へ渡された
第7章 はやぶさ2の勝利を呼び
特別篇

執筆者紹介
NHK小惑星リュウグウ着陸取材班

山崎淑行
NHK報道局 科学・文化部 ニュースデスク
原子力、エネルギー、一般科学、宇宙などを担当。本書では全体の企画・監修を担当。

春野一彦
NHK宇都宮局デスク(報道局 科学・文化部記者)
はやぶさ初号機の地球帰還をオーストラリアで取材。2号機は開発から打ち上げ、着陸の取材を担当。

古市 悠
NHK報道局 科学・文化部記者
はやぶさ2のリュウグウ到着から帰還途中までの2年あまりを取材。現在は医療や農林水産省の取材を担当。

鈴木 有
NHK報道局 科学・文化部記者
人工衛星やロケットの打ち上げ、民間の宇宙開発のほか、基礎科学や文化、ITなど幅広く取材。

絹田 峻
NHK報道局 科学・文化部記者
国立天文台や日本学術会議のほか、現在、文部科学省とJAXAを担当し、宇宙開発や科学技術全般の取材にあたる。

笹川陽一朗
NHK報道局 社会番組部 ディレクター
はやぶさ2の小惑星探査を取材するほか、東日本大震災関連などで「NHKスペシャル」や「クローズアップ現代+」を制作。

講談社関連作品

「科学」カテゴリ