読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

古代メソポタミア飯~ギルガメシュ叙事詩と最古のレシピ

古代メソポタミア飯~ギルガメシュ叙事詩と最古のレシピ
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1980円(税込)
ポイント還元 19ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 192
販売開始日 2020/12/25
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

自宅でつくれる古代メシ!

神々に捧げた羊の香草焼き、古代の王が食べた豆のリゾット、
太陽神が雨のように降らせた焼き菓子クック...

4千年前の粘土板に刻まれし「最古の料理」と「最古の文学」を読みとき
現代によみがえらせた再現レシピ28品&謎とき歴史エッセイ。

古代の粘土書板の翻字・翻訳協力:月本昭男氏
(古代オリエント博物館館長、『ギルガメシュ叙事詩』の翻訳者)

監修:古代オリエント博物館

本書では、古代メソポタミアの粘土書板に楔形文字で記されたレシピや食の記述を翻訳し、当時食べられていた料理を推測して、現代の家庭用に再現&アレンジしました。
同時に、古代メソポタミアから伝わる最古の文学『ギルガメシュ叙事詩』を読みとき、主にその食の記述から、さらに当時の食、古代メソポタミアのリアルに迫っています。
叙事詩の登場人物である古代王ギルガメシュとエンキドゥは何を食べていたのかに想いを馳せつつ、物語と古代の世界にどっぶり浸れる歴史エッセイ&レシピ本です。
原文そのままの古代レシピと翻訳も同時収録!

大和書房関連作品

「おかず・家庭料理」カテゴリ