読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

メディアの闇 「安倍官邸 VS.NHK」森友取材全真相

メディアの闇 「安倍官邸 VS.NHK」森友取材全真相
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 950円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 400
販売開始日 2021/01/04
紙書籍版 取り扱い中

なぜ放送されないんだ!

エース記者はなぜNHKをやめたのか。
官邸からの圧力、巨大組織内で上層部から歪められる報道‐‐
スクープの裏側を「忖度なし」に書き尽くす。

社会に衝撃を与えた『安部官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』を改題し、大幅加筆。
「文庫化にあたって 『この本には虚偽がある』は虚偽である」をはじめ、単行本刊行後の怒濤の展開も描いた決定版。

著者は「森友事件」の発覚当初から事件を追い続けたNHK大阪放送局の司法担当キャップだった。
次々に特ダネをつかむも、書いた原稿は「安倍官邸とのつながり」を薄めるように書き換えられていく。
NHKでも検察でも東京vs.大阪のせめぎ合いが続く中、ついに著者は記者職からの異動を命じられた。
記者であり続けるために職を辞した著者が、事件の核心、取材の裏側、そして歪められる報道の現在を赤裸々に明かす、渾身のノンフィクション。

この話には続きがある。
「この単行本が出来上がろうかというタイミングで赤木雅子さんに初めて会えた。
その後、劇的な展開を見せて、週刊文春での赤木俊夫さんの遺書全文公開、国と佐川氏の提訴に至った。
森友国有地値引きも公文書改ざんも何一つ古びていないし終わってもいない」(「文庫化にあたって『この本には虚偽がある』は虚偽である」より)

今、メディア不信は最高潮に達している。
権力に牙を抜かれ、批判能力を失う一方で、現場の最前線には、真実を伝えるために日夜格闘する記者たちがいる。
すべてはここから始まった――。
メディア、公正な報道が危機に瀕する現代、必読の書。

解説:田村秀男(産経新聞特別編集委員)

※この電子書籍は2018年12月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

相澤冬樹関連作品

文春文庫関連作品

  • 新着!
    やわらかな足で人魚は 850円
    作家 香月夕花
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/03/09

    一体どうしたら自分は人間になれるのだろう。 当たり前に愛される人間の子供に。 タワマンを舞台に電話詐欺の嘘によって結びつく偽物の母と息子。 “前科”のある中学教師と孤独な少女。 悲しみを抱えた...

  • 新着!
    ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 1001円
    作家 北川悦吏子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/03/09

    私だって恋してみたい。と娘(二十歳)は思っていた。 でも、漫画は次々に新刊が出るし、コミケに向けてコスプレの準備もしなきゃだし。 オタクの私はそれでも結構忙しいのだ。 なんていうか、“ご縁”もな...

  • 新着!
    眠れない凶四郎(五) 耳袋秘帖 711円
    作家 風野真知雄
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/03/09

    狂人が描いた絵を見る夜半過ぎ 不眠症が続く凶四郎の身辺に幽霊が出没する。 妻殺しの一件が解決した後も、未だ不眠症の癒えない南町の土久呂凶四郎は、 奉行の根岸の計らいで夜専門の見回りを続けること...

  • 新着!
    オクトーバー・リスト 1001円
    作家 ジェフリー・ディーヴァー 土屋晃
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/03/09

    ドンデン返しの魔術師が技巧のかぎりを凝らした 前人未踏&驚愕連続の “逆行” ミステリー! 本書は最終章ではじまり、第1章へとさかのぼる。 娘を誘拐され、秘密のリストの引き渡しを要求された女...

  • 新着!
    ガラスの城壁 791円
    作家 神永学
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/03/09

    友との誓いを胸に、少年はいま立ちあがる。 父がネット犯罪に巻き込まれて逮捕された。真犯人を捕まえるため、悠馬は友人の暁斗と調べ始めるが――。真相にたどり着けるのか!? ※この電子書籍は2019...

  • 新着!
    そして、すべては迷宮へ 950円
    作家 中野京子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/03/09

    「怖い絵」シリーズなどで絵画鑑賞に新たな歓びを提示してきた著者による、 知的ユーモアにあふれ、ときにスリリングなエッセイ集。 『怖い絵』や『名画の謎』シリーズで絵画鑑賞に新たな視点を提示した著...

「選書・双書シリーズ」カテゴリ