読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

樹海村〈小説版〉

樹海村〈小説版〉
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 880円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 312
販売開始日 2021/01/21
紙書籍版 取り扱い中

内容紹介
「お姉ちゃん知ってる?
この箱が置かれた家はね、
みんな死んで家系が絶えるの」

人々を戦慄させる禍々しい古くから伝わる強力な呪いを、
歪な木々や地を這う根が生える、
不気味で壮大な樹海の奥深くに封印した。
――13年後。姉妹の響と鳴の前に、あれが出現。
そして、樹海で行方不明者が続出する。
自ら向かったのか?それとも魔の力に吸い寄せられているのか?
恐怖が、いま再び解き放たれる。

実録!実在!?東映が贈る【恐怖の村】シリーズ第2弾!
次なる舞台は...アノ富士の樹海。
樹海に封印された呪いの箱が、今解き放たれる!

2020年2月に公開し、非常事態下において異例の興収14億円、110万人を震撼させた映画『犬鳴村』。
続く【恐怖の村】シリーズ第2弾の舞台は、令和の時代となった今もなお禁足地として存在する富士の樹海。
木々の生命力がみなぎる美しい場所である一方、
「コンパスが効かない」「一度入ったら迷って出てこられない」「本当に死体が多数ある」
など様々な話題が絶えず、人生の最期を迎える場所としてこの地を選ぶ者の多さでも有名。
そんな森の奥深くには、何者かが暮らす村が存在した。
そして、封印されし凶悪な呪いの箱......!
「絶対に検索してはいけない」とインターネットの怪談スレで語り継がれる、通称“コトリバコ”。
逃げても逃れられない箱の恐怖と「SUICIDE FOREST」として世界的に有名な富士の樹海がもたらす負の引力。

〈小説版〉は、『犬鳴村〈小説版〉』に引き続いて久田樹生が手掛ける。

久田樹生関連作品

竹書房文庫関連作品

  • 静かな終末 1430円
    作家 眉村卓 日下三蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2021/03/03

    内容紹介 やさしい口当たりと驚きの後味 最後に一篇、いかがですか? 初収録作品多数、日本SFの巨匠の知られざる傑作集 大きな戦争が起きて、どうやら世界は終わるらしい。 しかし、そんなニュース...

  • おためし村の誘女たち 770円
    作家 霧原一輝
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2021/03/01

    内容紹介 ◎ここは男の天国...⁉ 淫ら美女に囲まれて回春の田舎暮らし! 田舎で第二の人生を送るのが夢だった高柳耕一郎は、仕事を退職して、ある山村の「お試し移住体験」に申し込む。そして、体験期間...

  • 愛人団地 748円
    作家 橘真児
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2021/01/28

    内容紹介 失職した26歳の田中昭人は、郊外にある団地で各部屋の家事を担当する家政夫の仕事にありついた。そして初仕事で美しいOL・瑠璃子の部屋の家事をこなすと、彼女に誘惑され、バスルームで射精に導...

  • 実話怪談 樹海村 715円
    作家 栗原亨 ほか
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2021/01/21

    内容紹介 ◆謎の村「樹海村」は実在するのか――? 山道から七〇〇メートル以上離れた樹海の最深部で数年前、朽ちた複数のテントが発見された。 錆びたガスコンロに、鍋、フライパン、空容器の残骸。 木...

  • 実話怪談 犬鳴村 715円
    作家 吉田悠軌 ほか
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2021/01/21

    内容紹介 ◆禁忌の里「犬鳴村」は実在するのか――? 日本を代表する最凶の心霊スポット・旧犬鳴トンネル。 その先には、日本国憲法すら通じぬ謎の集落「犬鳴村」が存在する......。 映画『犬鳴村...

  • たかぶり村の色事師 737円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2021/01/18

    内容紹介 大学生の沢木祐二は村の神社で宮司を務める兄が怪我をしたため、故郷に呼び戻され、兄の代わりに驚くべき役目を命じられる。それは、冬の出稼ぎ期間中に夫がおらず、さびしい思いをしている村の人妻...

「日本」カテゴリ