読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

婦人公論の本 vol.17 認知症とともに生きる 明るく、強く

婦人公論の本 vol.17 認知症とともに生きる 明るく、強く
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 980円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 96
販売開始日 2021/02/26
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

2025年に認知症患者は700万人を超えると言われています。前段階の軽度認知障害(MCI)を含めると、65歳以上の3人に1人は認知症になると予測され、今後は病とともに生きることが日常の一部になっていくでしょう。

親や配偶者だけでなく、いつかは自分も当事者に......。とはいえ、認知症を発症したら人生が終わりというわけではありません。大切なのは、予防と対策。そして発症したあと、どう生きるかです。

このMOOKでは、早期発見のコツから、家族のケア、おひとり様にとって必要なこと、脳トレ、病を得た人の実体験などをもとに、認知症とともに生きる方法を考えます。

第一章 もしかして認知症?と思ったら
第二章 家族が認知症になったとき
第三章 おひとり様の認知症に必要なこと
第四章 はじめよう!最新の予防法
第五章 病を得ても自分らしく生きる~体験談~

中央公論新社関連作品

中央公論新社関連作品

「健康法」カテゴリ