読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ソッコーで人間をダメにするウマさ 悪魔の食べ合わせレシピ

ソッコーで人間をダメにするウマさ 悪魔の食べ合わせレシピ
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1100円(税込)
ポイント還元 11ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 112
販売開始日 2021/03/04
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

人工舌『味覚センサーレオ』が科学的にはじきだした、食べだしたら止まらない! 脳を狂わす「無限レシピ」88。日本人が本当に「おいしい」と感じる悪魔の食べ合わせを一挙皆伝!

ちょっとマジメに説明を。
人がおいしい、まずいと感じる基準が今までは個人の主観によって異なりすぎてあやふやでした。
でも、それだと飲料・食品メーカーや外食産業は困っちゃう。
そこで、多くの日本人に食べ物や飲み物を味わって点数評価してもらい、アンケート結果をAI(人工知能)に学習させ、「おいしさ」を可視化するべく誕生したのが、人工舌コンピュータ『味覚センサーレオ』。
人間の舌にある味蕾と同様に、甘味・酸味・苦味・旨味・塩味の5基本味を感知し、「おいしさ」を計測できるようになったすぐれモノ。
我々には長年の習慣にのっとった、固定概念がある。和食には緑茶、洋食にはコーヒーといったあれ。そこを打開すべく、たとえばコーヒーメーカーが『味覚センサーレオ』に「シェアをもっとひろげたいんだけど」と相談をもちかける。すると、「塩鮭と酸味の強いコーヒーは好相性だよ!」と、提案してくれる。当然、日本人の好みを熟知した人工舌の判断だから、多少突飛な提案でも、味覚的に間違えはないからそこは安心。この辺は健全な使い方だから問題ないんだけど、怖いのは、人工舌『味覚センサーレオ』にかかれば、人間がひとくち食べただけで中毒になるほど夢中になり、食べる手を自分では止められない悪魔的味覚を生み出すことも楽勝だということ。
本書では、『味覚センサーレオ』がはじきだした、日本人が我を忘れて夢中になる食べ合わせ3パターンに合致する、組み合わせを多数ご紹介します。


●本書で紹介する食べ合わせ例

・バナナ+シラス
・ スナック菓子+マヨネーズ
・ フライドポテト+卵焼き
・ いなり寿司+クリームチーズ
・ 和風煮物+タバスコ
・ カルボナーラ+納豆
・ かぼちゃの煮物+プリン(生クリーム)
・ 味噌+チョコ
・ 揚げ物+ジャム
・ カレー+ピノアイス
・ フライドポテト+あんこ
・ インスタントコーヒー+炭酸水
・ 白和え+生クリーム
・ 緑茶+チーズ
・ 冷やし中華+マーマレード
・ マカロニサラダ+バニラアイス
・ ゴマ塩+ココア
・ 野菜ジュース+豆乳
・ 生ハム+アイスの実
・ マーボー豆腐+インスタントコーヒー
・ コーヒー+食塩
・ ゆで卵の黄身+ハチミツ
・ 焼きそば+納豆
・ 魚卵+お菓子
・ プリン+納豆
・ インスタントラーメン+プリン
...etc...

鈴木隆一関連作品

講談社関連作品

「クッキング・レシピ」カテゴリ