読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

東日本大震災から10年 災害列島・日本 49人の写真家が伝える“地球異変”の記録

東日本大震災から10年 災害列島・日本 49人の写真家が伝える“地球異変”の記録
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1980円(税込)
ポイント還元 19ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2021/03/05
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

2021年3月11日は、東日本大震災から10年。この10年間、日本列島では地震だけではなく各地で多くの災害が頻発してきました。
2016年4月には熊本で震度7を最大とした群発地震が発生、九州や中国地方への集中豪雨、北海道では地震による地滑りと大停電が発生。さらには異常気象による巨大台風や土砂崩れ、洪水、河川の決壊、氾濫、浸水。冬季には北海道から北陸地方にかけて、異常な寒波や豪雪が襲いました。
そして地球規模で蔓延するコロナウイルスの感染など、日本列島はいま“複合災害”の真っただ中。地震・津波・放射能汚染に襲われた東日本大震災のように「これでもか、これでもか」と、災害の上に災害が重なってきています。その原因について、温暖化による気候変動以上の“地球異変”とも言うべき変化が起きているのではないか――と国民は肌で感じ始めたのです。
ツンドラ地帯の凍土が溶解し、北米やアマゾンの山林で火災が起き、アフリカの砂漠化などで生態系が崩れ、食糧不足と難民の流出が止まらず、世界秩序は不安定になる一方です。そして今、コロナ禍が世界中に蔓延しています。
この10年はまさに日本人が大規模災害に直面し続けた10年でした。本書は、日本を代表する49人の写真家たちが撮った「東日本大震災の記憶」と、その後の自然災害のリアルな姿を伝える写真集です。

扶桑社関連作品

「ドキュメント」カテゴリ

  • 未来へつなぐ千年桜 2750円
    作家 大沼英樹
    出版社 玄光社
    販売開始日 2021/03/31

    「写真で腹くっつくなんね(写真でお腹はいっぱいにならない)」。東日本大震災で蘇った父の言葉。自分にできることは、それでも咲いた桜を人々の心に届けることだと信じ、著者は被災地を巡って桜を撮り続けて...

  • 津波を乗り越えた町々 東日本大震災、十年の足跡 2772円
    作家 谷口雅彦
    出版社 双葉社
    販売開始日 2021/03/03

    東日本大震災から十年。日本写真学会の正会員であり、「3.11を忘れない写真家の会」代表を務める谷口雅彦氏が10年間、被災地に通い続けてカメラに収めた6万枚超の写真の中から厳選して一冊にまとめたド...

  • 未承認国家アブハジア 魂の土地、生きとし生けるものと廃墟 2090円
    作家 星野藍
    出版社 玄光社
    販売開始日 2020/09/01

    ※お使いの端末によって見え方が異なる場合があります。事前にお使いの端末でサンプルをお試しの上、お買い求めください。 『アブハズ人はこの地をApsny...『魂の土地』と呼んでいる。それはまた、...

  • 小笠原流 流鏑馬 2096円
    作家 小笠原清忠 小笠原清基
    出版社 ハースト婦人画報社
    販売開始日 2020/06/09

    日本の弓馬術の伝統は、鎌倉時代に式法が整えられ、武家社会を代表する伝統文化として今に伝わっています。当時の狩装束を身に付け、疾走する馬の上から弓を引く勇壮華麗な姿を一冊の写真集にまとめました。

  • 幽幻廃虚 1980円
    作家 星野藍
    出版社 三才ブックス
    販売開始日 2020/06/01

    ソ連崩壊の混乱で生じた未承認国家をはじめとする黒海周辺諸国の廃虚、原発事故で無人と化した廃都市など、絶景廃虚ばかりを一挙に公開!

  • 旧ソ連遺産 1980円
    作家 LanaSator
    出版社 三才ブックス
    販売開始日 2020/06/01

    超大国ソ連の崩壊で、超弩級の廃虚を全国各地に生み出すことに。核兵器貯蔵庫や原発の廃虚から、見捨てられた大量の戦闘機や軍用車両を大公開。さらに、世界最大級のロケットエンジン工場潜入ルポも収録。

  • おいしい牛乳は草の色 1870円
    作家 中洞正 安田菜津紀
    出版社 春陽堂書店
    販売開始日 2020/04/24

    自然放牧による本来の酪農に取り組む、酪農界の異端児・中洞正。 効率優先の酪農ではなく、牛に無理のない自然な放牧を普及するのが使命であると考え、牛と人と自然の持続可能な未来を目指している。 中洞氏...

  • これからも生きていく THIS IS ALS 1870円
    作家 武本花奈
    出版社 春陽堂書店
    販売開始日 2020/03/16

    一人の写真家が難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の想いを写真と伝える一冊。しゃべれない彼らは何を考え見つめているのか。視線入力装置などを用いたインタビューから患者たちの本音が吐露される。

  • Homesick 2904円
    作家 大沢昌治
    出版社 山と溪谷社
    レーベル YAMAKEI CREATIVE SELECTION
    販売開始日 2020/02/21

    2009年春、妻は家を出た。 2012年春、ぼくは旅に出た。 バツイチCMプランナーの世界一周放浪写真記『Homesick』。

  • 忘れられない 祈りの聖地 1672円
    作家 富井義夫
    出版社 山と溪谷社
    販売開始日 2020/02/21

    一生に一度は訪ねてみたい教会・寺院・モスクなどの祈りの聖地。<br>通常、許可のおりない荘厳なるミサ風景や礼拝などの祈りの場の貴重で美しい写真の数々を、<br>世界中の自然や文化遺産を撮り続けて...

  • 3/11キッズフォトジャーナル 岩手、宮城、福島の小中... 880円
    作家 311Kids Photo Journal
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/18

    被災地の今を被災地の小中学生が写真と文章で伝えます。明日の日本を生きていく彼らは、その思いをどう表現するのでしょうか?

  • コソボ 破壊の果てに 大石芳野写真集 2200円
    作家 大石芳野
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    セルビア人に追われたアルバニア系難民、特に子供や女性達の苦しみ。戦乱に傷つく無辜の民の辛酸と再生を追う著者が世に問う写真集