読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

永遠の最強王者 ジャンボ鶴田<電子特別版>

永遠の最強王者 ジャンボ鶴田<電子特別版>
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1870円(税込)
ポイント還元 18ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 592
販売開始日 2021/06/25
紙書籍版 取り扱い中

<電子特別版>
紙書籍に未収録の【電子書籍化に寄せて】を追加した電子特別版です。

「普通の人でいたかった怪物」
今でも根強い“日本人レスラー最強説”と、権力に背を向けたその人間像に迫る!

天龍源一郎、長州力、川田利明、田上明、小橋建太、渕正信、秋山準、佐藤昭雄、和田京平、鶴田恒良(実兄)、池田実(日川高校バスケ部同級生)、鎌田誠(元中大レスリング部主将)、磯貝頼秀(ミュンヘン五輪代表)他、当時のコメントと多くの新証言をもとに、誰もが踏み込めなかったジャンボ鶴田の実像に、元『週刊ゴング編集長』小佐野景浩が初めて踏み込んだ大作。

「鶴田の何が凄かったのか、その強さはどこにあったのか、最強説にもかかわらず真のエースになれなかったのはなぜなのか、総合的に見てプロレスラーとしてどう評価すべきなのか――などが解き明かされたことはない。
もう鶴田本人に話を聞くことはできないが、かつての取材の蓄積、さまざまな資料、関係者への取材、そして試合を改めて検証し、今こそ“ジャンボ鶴田は何者だったのか?”を解き明かしていこう――」(著者より)


【著者プロフィール】
小佐野景浩 (おさの かげひろ)
幼少期からプロレスに興味を持ち、高校1年生の時に新日本プロレス・ファンクラブ『炎のファイター』を結成。
『全国ファンクラブ連盟』の初代会長も務めた。
『週刊ゴング』創刊からは全日本プロレス、ジャパン・プロレス、FMW、SWS、WARの担当記者を歴任し、94年8月に編集長に就任。
以後、同社編集企画室長、同社編集担当執行役員を務め、2004年に個人事務所『Office Maikai』を設立。
フリーランスの立場で雑誌、新聞、携帯サイトで執筆。
コメンテーターとしてテレビでも活動している。
2006年からは、プロレス大賞選考委員も務めている。

小佐野景浩関連作品

ワニブックス関連作品

「プロレス」カテゴリ