読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

記憶の中の殺人

記憶の中の殺人
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 540円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2015/02/11
ファイル形式 epub

軽井沢の内田先生から団子屋の平塚亭に呼び出された僕は、内田家の墓に供えられた謎の花について調査をたのまれた。ちょうどその頃、くだんの内田家の隣の墓の持主が毒殺され、しかも兄・陽一郎の旧知の間柄だという。なお不可解なことに僕だけが憶えていない軽井沢ひと夏の事件があったというのだが‐‐。(講談社文庫)

内田康夫関連作品

  • 氷雪の殺人 789円
    作家 内田康夫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/05/09

    官僚組織の複雑怪奇さ、エリートたちの強固さ、北朝鮮ミサイル――日本人にとっての「覚悟」とは何か。 現代社会に生きる全ての読者に壮大な感慨を呼び起こしてくれる、内田康夫堂々の代表作! 北海道・利...

  • 孤道 799円
    作家 内田康夫
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    盗まれた牛馬童子の首が、不可解な殺人を招く。「熊野古道」が結ぶ大いなるミステリーに浅見光彦が挑む! 最後の浅見シリーズ。

  • イーハトーブの幽霊 新装版 648円
    作家 内田康夫
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/01/31

    『旅と歴史』の編集長に花巻祭りの取材を命じられた浅見光彦だったが、彼の到着後に宮沢賢治ゆかりの地である「イギリス海岸」「さいかち淵」で相次いで二人の男の殺害死体が発見される。しかも被害者が死の直...

  • 夏泊殺人岬 〈新装版〉 756円
    作家 内田康夫
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/12/07

    刑期を終えて出所したばかりの男が自生椿北限の地として名高い夏泊半島の椿神社で毒死!? 惜しまれつつ逝った著者初期代表作。

  • 「須磨明石」殺人事件 <新装版> 713円
    作家 内田康夫
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/09/07

    「明石原人」を取材中の女性新聞記者が謎の失踪。そして恐るべき連続殺人事件! ついにつきとめた犯人は意外な人物だった......?

  • 坊っちゃん殺人事件 新装版 691円
    作家 内田康夫
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/06/29

    取材のため松山へ向かう浅見光彦。旅の途中何度も出会った女性が、後日、遺体で発見され疑われる光彦だったが――。

講談社文庫関連作品

  • 新着!
    Killers 上下合本版 1750円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/05/22

    殺人者は、いつの時代にも存在する。2020年東京五輪に向けて再開発が進む渋谷区のアパートで、老人の他殺体が発見され、かつての名家の人間だったことが判明する。いったい、この男は何者なのか――。五十...

  • 沖田総司(上) 864円
    作家 早乙女貢
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/05/17

    幕末......それは現体制の打倒、徳川幕府の覆滅のとき。しだいに血の旋風で彩られてゆく京の治安を維持すべく、浪士徴募に応じて結成された新選組。その新選組の内部では、近藤勇を初めとする、土方歳三...

  • おれは日吉丸(下) 新太閤記(二) 702円
    作家 早乙女貢
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/05/17

    ちょっぴり色気も出てきたし、ちょっぴり大人の世界ものぞいた。そしてちょっぴり出世の希望も持ちはじめた。「そうだ、駿府へ行こう。うまい働き口があるかもしれない」と、胸はずませてやってきた、すばしっ...

  • 淀どの哀楽(上) 648円
    作家 安西篤子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/05/17

    江北に名高い豪勇の将・浅井長政と、たぐい稀な美しい妻・お市との長女・茶々は、恐れを知らぬかわいい姫君であった。幼いときに伯父・織田信長によって浅井が滅ぼされ、母の再嫁先・越前北ノ庄もまた、豊臣秀...

  • 沖田総司(下) 864円
    作家 早乙女貢
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/05/17

    新選組......局長・近藤勇、副長・土方歳三を核に、斎藤一、永倉新八、原田左之助ら、恐れを知らぬ若き群像。この中にあって、天稟の凄剣を紅顔に秘め、攘夷志士を斃して京洛を血漿で染めあげる沖田総司...

  • 春日局 756円
    作家 早乙女貢
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/05/17

    勇武の血統、叛将・明智光秀の家老の娘・お福は、秀吉の天下で悲惨な青春を強いられ、家康の世にいたって運が開ける。苦汁の半生がつちかった力で、三代将軍の乳人として権力の奥に暗躍するが、お福を密かに支...

「ミステリー・サスペンス」カテゴリ