読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ぼくが探偵だった夏

ぼくが探偵だった夏
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 514円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2015/02/11
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

浅見家では毎年、夏を軽井沢の別荘で過ごしていた。浅見家の次男、小五の光彦は、"山の友達"の峰男、夏休み前までは口も利けなかった本島衣理と三人で、女の人が行方不明になったという妖精の森に出かける。緑の館の庭で、昼間堀った大きな穴に、夜、お棺のような箱を埋めようとする怪しい三人組を光彦は目撃する。光彦の不審を本気で聞いてくれたのは、二十歳の地元の刑事竹村岩男だった。浅見光彦、記念すべき最初の事件!(講談社文庫)

内田康夫関連作品

講談社文庫関連作品

  • 新着!
    盤上に散る 756円
    作家 塩田武士
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/01/16

    唯一の家族だった母を亡くした明日香は、遺品の中から一通の出されなかった手紙を見つける。宛名は「林鋭生様」。それが将棋の真剣師の名だと知り、明日香は林を捜すことに。ある対局の後、忽然と姿を消したと...

  • 新着!
    大江戸閻魔帳 756円
    作家 藤井邦夫
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/01/16

    蔦屋重三郎の娘から、店に持ち込まれた写楽の大首絵の真贋を確かめたいと相談を受けた若き戯作者、青山麟太郎。落款がないだけで、出来はすこぶるよい。だが持ち込んだ御家人は、自宅で殺されていた。臨時廻り...

  • 新着!
    すべての戦争は自衛から始まる 778円
    作家 森達也
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/01/16

    歴史上、多くの戦争が自衛意識から始まった。ナチス最高幹部だったヘルマン・ゲーリングは「戦争を起こすことはそれほど難しくない」と述べている。「国民に対し、我々は攻撃されかけているのだと危機感をあお...

  • 新着!
    スカーフェイス2 デッドリミット 警視庁特別捜査第三係... 842円
    作家 富樫倫太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/01/16

    顔の傷により「スカーフェイス」と呼ばれる女刑事淵神律子。犯人逮捕の為なら暴走も厭わない律子は警視庁内で孤立し、意に添わぬ異動を命じられる。律子を名指しで、身元不明の中年男が警視庁に来る。その男の...

  • 新着!
    新装版 祇園女御 上 972円
    作家 瀬戸内寂聴
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/01/16

    平安時代末期、後の白河上皇がまだ東宮だったころ、その妃として藤原道子は入内した。年上の道子は気後れするが、大人びた東宮に寵愛される。だが、ずっと年下の新しい妃・賢子が入内すると東宮の寵愛は賢子に...

  • 新着!
    新装版 銀行支店長 864円
    作家 江波戸哲夫
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/01/16

    大手銀行支店長の片岡史郎は、合併した信金の本店だった飯田橋支店の立て直しを副頭取から命じられる。信金の猛者たちが巣くう牙城に腹心の部下二人と乗り込んだ片岡は、古参組の抵抗に遭いながらも、垂範率先...

「ミステリー・サスペンス」カテゴリ