読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

われ=われの哲学 【小田実全集】

われ=われの哲学 【小田実全集】
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 880円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2015/02/11

安定と平穏無事の壁に守られた「場」では社会の矛盾が見えないが、理不尽に満ちた不安定な「現場」ではその本質が見える。人間は社会的・政治的関係性の中で生きているのだ。「場」から「現場」に身を置き、自らの存在価値を再認識し自覚する。「われ=われ」とは、「よりよい明日」のため、社会の問題を解決しようと互いを支え合う自立した市民の繋がりを示す新しい市民概念。冷戦崩壊直前、西ベルリンの壁ぎわから、自らの市民運動の思想を再考し深めることで辿りついた、市民の哲学。

小田実関連作品

小田実全集関連作品

  • 列人列景 【小田実全集】 1100円
    作家 小田実
    出版社 講談社
    掲載誌 小田実全集
    販売開始日 2015/02/11

    1970年代の半ばに書かれた著者初の短編小説連作集。40をすぎた「タダの人」を主人公に、人間にとって切実なテーマである原風景、愛、性、志、生老病死を魅力的なタイトルのもとに描く。性的「見せもの」...

  • 生きる術としての哲学 【小田実全集】 880円
    作家 小田実
    出版社 講談社
    掲載誌 小田実全集
    販売開始日 2015/02/11

    修辞学の主題は人間の行為にあるとアリストテレスは言う。明治以来、日本における西洋哲学の受容は主に解釈学であり、修辞学でなかったのはなぜか。古代アテナイの修辞学を深く学んだ著者は、この疑問に答える...

  • 円いひっぴい(上) 【小田実全集】 1540円
    作家 小田実
    出版社 講談社
    掲載誌 小田実全集
    販売開始日 2015/02/11

    主人公の安井は、52歳で会社の中間管理職。戦中も戦後も保身のためには「うるさいやつ、いやなやつにならんことや」が口ぐせ。ある日、前妻ミツ代の養子"円いひっぴい"が次々ともち込む事件に巻き込まれて...

  • 円いひっぴい(下) 【小田実全集】 1540円
    作家 小田実
    出版社 講談社
    掲載誌 小田実全集
    販売開始日 2015/02/11

    主人公の安井は、52歳で会社の中間管理職。戦中も戦後も保身のためには「うるさいやつ、いやなやつにならんことや」が口ぐせ。ある日、前妻ミツ代の養子"円いひっぴい"が次々ともち込む事件に巻き込まれて...

  • 羽なければ 【小田実全集】 660円
    作家 小田実
    出版社 講談社
    掲載誌 小田実全集
    販売開始日 2015/02/11

    かつては軍隊経験をもち、敗戦後は闇商売から転じて造船会社勤めを終えた老主人公は、典型的な大阪庶民。老人のモットーは、「人生のコツは、柳に風、ノレンに腕押し、降参したと見せかけてねちねちと生きるこ...

  • 平和をつくる原理 【小田実全集】 1100円
    作家 小田実
    出版社 講談社
    掲載誌 小田実全集
    販売開始日 2015/02/11

    1945年、一人一人の文学者がどのように8月15日を迎えたか、で始まる本書は、著者がベトナム反戦運動に深く関与する思想的根拠を示した文集だ。「難死」の思想を源泉にたくわえた鋭利な眼は、国家と人間...

「経済・社会小説」カテゴリ