読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

大人のひきこもり 本当は「外に出る理由」を探している人たち

大人のひきこもり 本当は「外に出る理由」を探している人たち
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 715円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2015/02/11
紙書籍版 取り扱い中

セーフティネットの狭間で置き去りにされた40歳以上は推定100万人! このままでは「老後破産」者が激増してしまう。ところが、どうすればいいのか、わからない。ハローワークを訪ねても同じ求人がグルグル回る「カラ求人」や、非現実的な「神様スペック」を求める企業が少なくない。いつの間にか時間が過ぎ去り、やがて家族ごと地域に埋没する―。ひきこもりが「長期化」「潜在化」する背景と、新たな取り組みを探った。(講談社現代新書)

池上正樹関連作品

講談社現代新書関連作品

「経済・社会小説」カテゴリ

  • ダガー 虚幻の刃 495円
    作家 斎藤純
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2019/10/11

    短剣の刃に魅了された者は、心に潜む欲望をさらけ出し、己の運命を狂わせていく

  • トヨトミの野望 935円
    作家 梶山三郎
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2019/10/04

    経済界を震撼させた超問題作奇跡の文庫化。

  • 現代怪談 地獄めぐり 無間 715円
    作家 響洋平 ありがとう・ぁみ いたこ28号 深津さくら 伊計翼
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/10/01

    内容紹介 「あ、やっぱり誰か来てる」深夜に訪問してきたのは、道端にいた異形の男――(ありがとう・ぁみ「憑かれて同じように」) 語りの名手が物語る実話怪談シリーズ第2弾! 怪談ライブでも注目...

  • 「超」怖い話 隠鬼 715円
    作家 渡部正和
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/10/01

    内容紹介 「今日、連れて行く...」 包帯を巻いた訪問者と能面女の密談。 かくれんぼの最中、聞こえてきた名前は...(「隠れ鬼」収録) 東北の翁に採話した五十頁を超える連作「山野夜話(抄)」他...

  • 怪談四十九夜 埋骨 715円
    作家 黒木あるじ
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/10/01

    内容紹介 すぐ読める!鬼才の恐怖譚がぎっちり詰まった実話集 黒木あるじ/我妻俊樹/小田イ輔/川奈まり子/神 薫/朱雀門 出/鈴木呂亜/つくね乱蔵/冨士玉女/吉澤有貴 黒木あるじの元に集う最...

  • 宵口怪談 無明 715円
    作家 鳴崎朝寝
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/10/01

    内容紹介 アパートのゴミ捨て場で見たスニーカーをその後、何度も別の場所で見る。 なぜか爪先はいつもこちらを向いていて...(「爪先を揃えて」収録) 引っ越した部屋の天袋にいた或るモノ。 その...

  • ナースゆつきの怪奇な日常 1100円
    作家 ゆつき
    出版社 飛鳥新社
    販売開始日 2019/09/13

    ナースだけが知っている病院の話をしましょうか...... 怖イイ話(怖い×いい話)、そろってます! 現役ナースが体験した実在のエピソードを漫画化。

  • 翼、ふたたび 1500円
    作家 江上剛
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2019/09/11

    破綻した大手航空会社。社員の意識を変えることで再生し、先の震災を乗り越えるまでのドラマを描く感動のノンフィクション・ノベル。

  • 怪談和尚の京都怪奇譚 662円
    作家 三木大雲
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/09/06

    京都の怪談名人の、ぜんぶホントの怖~い話 死者からの電話、人形の怨念、線路にしゃがむ老婆......。 京都の古刹・蓮久寺の住職が相談を受け体験した、怖くて、ホントで、不思議な実話の数々!

  • 廃屋の幽霊<新装版> 550円
    作家 福澤徹三
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/08/30

    じめじめと降りしきる長雨、闇にすだく虫の声、おかっぱ頭の市松人形‐‐四季の移ろいを背景に、日本人だからこそ感じる恐怖や夢と現実のあわいを描く七つの短篇。これぞホラージャパネスク、これぞ怪談文芸の神髄!

  • 恐怖箱 夜泣怪談 715円
    作家 内藤駆
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/08/29

    内容紹介 「雨さんって呼んでいるの」 家族が死んだ日から物置部屋に現れた灰色の人。 その部屋から見える景色はいつも雨で......(「雨」収録) 摩訶不思議な現実。奇想天外な恐怖。 とにかく...

  • 都会の怖イ噂 715円
    作家 エブリスタ
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/08/29

    内容紹介 ●内容 一回五万の裏バイト ライバル店をつぶす盛り塩の呪法 コインランドリーに潜む魔物 リサイクル家電の罠 ......あなたの何気ない行動から、地獄は始まる...。街と人の心の闇が...