読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

清貧の書/屋根裏の椅子

清貧の書/屋根裏の椅子
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 1080円(税込)
ポイント還元 10ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2015/02/11
ファイル形式 epub

母と義父とに連れられて幼い頃行商の旅に暮した体験を明るく牧歌的に描き切った短篇「風琴と魚の町」、つましく生活する一組の夫婦の愛情を謳う「清貧の書」、転機を求めてのパリ旅行を素材とした「屋根裏の椅子」、男と女の後姿に、あるが儘の人生を見る客観小説「牡蠣」等。名作『放浪記』を力に、作家はいかに飛躍をとげたか。〈宿命的放浪の作家〉林芙美子の代表的初期短篇7作。

林芙美子関連作品

講談社文芸文庫関連作品

  • 詩集「三人」 1296円
    作家 金子光晴・森三千代・森乾
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/05/10

    反骨の詩人金子光晴と妻・森三千代、息子・森乾が綴った詩を、光晴が手書きで私家製の詩集にまとめあげた、家族愛と戦争への嫌悪に満ちた、貴重な戦中詩集。 戦争よ。/破砕くな。/年月よ。/もつてゆくな...

  • 完本 太宰と井伏 ふたつの戦後 1512円
    作家 加藤典洋
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/05/10

    「人非人でもいいじゃないの。私たちは、生きていさえすればいいのよ。」(「ヴィヨンの妻」)四度の自殺未遂を経て、一度は生きることを選んだ太宰治は、戦後なぜ再び死に赴いたのか。井伏鱒二と太宰治という...

  • 百日の後 坂上弘自選短篇集 1296円
    作家 坂上弘
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/04/12

    「第三の新人」世代に続く、「内向の世代」グループの一人である坂上弘は、「第三の新人」とは違った意味で、生活者の視点から小説世界をつくり上げてきた。文学が特別な社会を対象としたものでなく、日々の暮...

  • 月の宴 現代日本のエッセイ 1296円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/04/12

    雪の残る屋根の向うに、赤くきらきら光る新月の背後から、80年の人生の重みをかけた一齣一齣は現われ、身内に鮮烈な記憶をよび起す。「雪景色の上の新月」ほか「月の宴」「親子の旅」「『たけくらべ』解釈へ...

  • 雲をつかむ話/ボルドーの義兄 1566円
    作家 多和田葉子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/04/11

    とつぜん届いた犯人の手紙から、「雲づる式」に明かされる、「わたし」の奇妙な過去――読売文学賞と芸術選奨文部科学大臣賞をダブル受賞した傑作長篇「雲をつかむ話」。レネの義兄モーリスの家を借りるために...

  • 追悼私記 完全版 1566円
    作家 吉本隆明
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/04/11

    昭和天皇、美空ひばり、手塚治虫、小林秀雄、鮎川信夫、三島由紀夫、中上健次、サルトル、埴谷雄高、平野謙、在野の言語学者、元全学連委員長、学生時代からの友人、実姉...多種多様な死者に手向けられた言...

「一般小説」カテゴリ