読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

洲崎球場のポール際 プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光

洲崎球場のポール際 プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1320円(税込)
ポイント還元 13ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2015/03/27
紙書籍版 取り扱い中

東京下町、戦前は遊郭で賑わった洲崎にプロ野球専用の球場ができたのは、昭和11(1936)年のこと。沢村栄治がノーヒットノーランを演じ、伝統の巨人阪神戦がここではじまった。しかし、わずか1年後の昭和12年にできた後楽園球場にその場を奪われ球史から消えてゆく。今年2014年は、巨人が誕生してから80年、来年は阪神がそれに続く。「悲劇の球場」の詳細を野球少年だった著者が丹念な調査のもと蘇らせる。

森田創関連作品

講談社関連作品

「ノンフィクション・ドキュメンタリー」カテゴリ