読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

もうひとつの「帝銀事件」 二十回目の再審請求「鑑定書」

もうひとつの「帝銀事件」 二十回目の再審請求「鑑定書」
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1870円(税込)
ポイント還元 18ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2016/05/27
紙書籍版 取り扱い中

本書では帝銀事件の「犯人」とされる平沢貞通が、無実なのに虚偽自白に落ちたという無実仮説、また目撃者たちも平沢を見て、「犯人と似ている」とか、「犯人だと断定する」という目撃過誤を犯したという無実仮説を提起する。もし自白と目撃について、この仮説が心理学的に成り立つとすれば、そのこと自体が検察側の有罪仮説への「合理的疑い」となるはずである。本書では、こうした戦略で目撃と自白の供述鑑定を進める。

浜田寿美男関連作品

講談社選書メチエ関連作品

「講談社メチエ」カテゴリ