読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

妖 花食い姥

妖 花食い姥
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 864円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2017/01/01
紙書籍版 取り扱い中

深い怒りと悲しみに培われて女の内部に居据わる〈業〉を凄絶に描いた「ひもじい月日」(女流文学者賞受賞)、『春雨物語』を踏まえた鬼気迫る傑作「二世の縁 拾遺」、夢幻と現実が見事に融合する「花食い姥」、ほかに「黝い紫陽花」「妖」「猫の草子」「川波抄」を収録。伝統的優美と豊かな知性が研きあげた隠微な官能、妖気を漂わせる特異の世界、円地文子傑作短篇集・7篇。

円地文子関連作品

講談社文芸文庫関連作品

  • 猛犬 忠犬 ただの犬 1382円
    作家 戸川幸夫
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/06/21

    こよなく動物と自然を愛し続けた著者の自伝的小説。少年から青年へと成長していく過程でさまざまな犬との出会いと別れを綴った作品。......「動物文学」というカテゴリーを確立し、国民の支持を得た戸川...

  • モナリザの微笑 ハクスレー傑作選 1404円
    作家 ALDOUS LEONARD HUXLEY・行方昭夫
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/06/11

    機械文明の発達により便利になった世界がかえって人間性の喪失につながるという、まさに21世紀の世界が直面する問題を描いたディストピア小説『すばらしい新世界』のハクスレーによる、傑作短篇集。モームや...

  • 『わが性の白書』 1026円
    作家 中村光夫
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/05/24

    癌で死んだ或る作家の遺書『わが性の白書』の出版をめぐる、関係者たちの思惑とその「真相」。逆手にとりつつ、文壇・マスコミに登場する女流作家の放胆な軌跡。現代という時代の「世界の空虚さ」の真只中で演...

  • 詩集「三人」 1296円
    作家 金子光晴・森三千代・森乾
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/05/10

    反骨の詩人金子光晴と妻・森三千代、息子・森乾が綴った詩を、光晴が手書きで私家製の詩集にまとめあげた、家族愛と戦争への嫌悪に満ちた、貴重な戦中詩集。 戦争よ。/破砕くな。/年月よ。/もつてゆくな...

  • 完本 太宰と井伏 ふたつの戦後 1512円
    作家 加藤典洋
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/05/10

    「人非人でもいいじゃないの。私たちは、生きていさえすればいいのよ。」(「ヴィヨンの妻」)四度の自殺未遂を経て、一度は生きることを選んだ太宰治は、戦後なぜ再び死に赴いたのか。井伏鱒二と太宰治という...

  • 月の宴 現代日本のエッセイ 1296円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/04/12

    雪の残る屋根の向うに、赤くきらきら光る新月の背後から、80年の人生の重みをかけた一齣一齣は現われ、身内に鮮烈な記憶をよび起す。「雪景色の上の新月」ほか「月の宴」「親子の旅」「『たけくらべ』解釈へ...

「一般小説」カテゴリ