読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

日和下駄 一名 東京散策記

日和下駄 一名 東京散策記
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 864円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2017/01/01
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

「一名 東京散策記」の通り「江戸切図」を持った永井荷風が、思いのまま東京の裏町を歩き、横道に入り市中を散策する。「第一 日和下駄」「第二 淫祠」「第三 樹」「第四 地図」「第五 寺」「第六 水 附 渡船」「第七 路地」「第八 閑地」「第九 崖」「第十 坂」「第十一 夕陽 附 富士眺望」の11の章立てに、周囲を見る荷風の独特の視座が感じられる。消えゆく東京の町を記し、江戸の往時を偲ぶ荷風随筆の名作。

永井荷風関連作品

講談社文芸文庫関連作品

  • 新着!
    浦島草 1836円
    作家 大庭みな子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/02/15

    広島で被爆した女性が、庭先に浦島草の咲く東京の家でひっそりと暮らす。そこへ11年ぶりにアメリカ留学から主人公の雪枝が帰って来る。後を追う恋人のマーレック。女性には雪枝の兄・森人との間に、自閉症の...

  • 新着!
    美しい墓地からの眺め 1512円
    作家 尾崎一雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/02/15

    戦時下、大病で富士山の見える故郷・小田原の下曽我に帰った著者は、自然界の小さな虫の生態にも人間の生命を感じ、自然との調和のなかにやすらぎを見出す。本書は、文学への出発時の芥川賞受賞作「暢気眼鏡」...

  • 新着!
    アブラハムの幕舎 1404円
    作家 大原富枝
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/02/15

    主人公・田沢衿子は20代後半の独身女性。母親の言動に振りまわされ苦痛を感じているが、断ち切ることができない。ある日、彼女の15階だてのアパートで、祖母を殺した少年が投身自殺した。強者に支配される...

  • 新着!
    板散華 現代日本のエッセイ 1188円
    作家 棟方志功
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/02/15

    原始美術の力強さを示し、民芸的特質を持ち日本美の原点を探る独特の〈板画〉世界を展いた、棟方志功。強烈なエネルギー漲る初期エッセイ集『板散華』を中心に、『板画の肌』を抄録。「板画の持つ真性は、東洋...

  • 新着!
    単線の駅 1242円
    作家 尾崎一雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/02/15

    昭和50年、野間文芸賞を受賞した回想記『あの日この日』に収めることのできなかった、とっておきのエピソードをまとめた「こぼれ話」を中心に、小田原・下曾我の自宅周辺の草木の観察から、公害問題や文明観...

  • 新着!
    鴎外・漱石・龍之介 意中の文士たち(上) 現代日本のエッセイ 972円
    作家 福永武彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/02/15

    作家としてのみならず学究・評者として非凡であった福永武彦が、深く心の裡に愛した文学者について自ら記した文章を蒐めて、「意中の文士たち」と名づけたエッセイ集上下巻のうち、上巻を収める。鴎外・漱石・...