読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

街・野山・水辺で見かける 野鳥図鑑

街・野山・水辺で見かける 野鳥図鑑
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 1944円(税込)
ポイント還元 19ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/05/21
紙書籍版 取り扱い中

国内でよく見かける鳥330種を収録。生息環境別に並べ、鳥の見た目の「姿勢」など、
初心者にも探しやすい特徴を記載。見分け方、鳴き声、おもしろ生態なども充実。
たとえば「ハト」や「カラス」という名前の鳥はいないといった、
愛鳥家のみなさんにとっては当たり前のことが、観察初心者の方にとっては、
野鳥図鑑の見方ひとつとっても、難しかったりします。
誰もが探したい鳥が必ず見つかる、初心者から上級者対応の1冊です。

<著者について>
監修:樋口広芳(ひぐちひろよし)
1948年生まれ。東京大学大学院農学系研究科博士課程修了。農学博士。日本野鳥の会・研究センター所長、東京大学大学院教授を経て、東京大学名誉教授、慶應義塾大学訪問教授。専門は鳥類学、生態学、保全生物学。
著:柴田佳秀(しばたよしひで)
1965年生まれ。小学5年生で鳥の魅力にはまり、それ以来約40年野鳥観察を続けている。東京農業大学農学部卒業後、自然番組のディレクターとして北極など世界中の鳥を取材。「生き物地球紀行」などNHKの自然番組を多数制作。2005年からフリー。日本鳥学会会員、都市鳥研究会幹事。
写真:とづかがく
1966年生まれ。野鳥を中心に写真を雑誌・専門誌に発表。野鳥の「きれい・かわいい」だけではなく面白い行動や仕草、環境や人間生活との関わり合いを撮影。日本野鳥の会会員、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

日本文芸社関連作品

「植物・生物図鑑」カテゴリ