読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

中公文庫の作品一覧

1151件中1-24件 (1/48ページ)
  • 海軍応用戦術/海軍戦務 1012円
    作家 秋山真之 戸高一成
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/31

    海軍の近代化の基礎を築いた名参謀による組織論。巨大組織を効率的に運用するためのマニュアルが明らかに。前巻に続き「応用戦術」の他「海軍戦務」を収録。

  • 勝負師 将棋・囲碁作品集 990円
    作家 坂口安吾
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/31

    木村義雄、升田幸三、大山康晴、呉清源......。盤上の戦いに賭けた男たちの対局に、安吾は何を見たのか。表題作ほか小説、観戦記、エッセイ、座談まで初集成する。文庫オリジナル。 〈巻末エッセイ〉沢...

  • 浪漫疾風録/星になれるか(合本) 1936円
    作家 生島治郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/31

    翻訳ミステリ雑誌『EQMM』編集長を経て日本におけるハードボイルド小説の先駆者となった直木賞作家の自伝的実名小説。一九五六~六四年の疾風怒濤の編集者時代を描いた『浪漫疾風録』と、『傷痕の街』で作...

  • 海軍基本戦術/海軍応用戦術/海軍戦務 2002円
    作家 秋山真之 戸高一成
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/31

    日本海海戦を勝利に導き、海軍の近代化の基礎を築いた名参謀による戦術論と組織論。丁字戦法、乙字戦法の全容と巨大組織を効率的に運用するためのマニュアルが明らかになる。 日本海海戦を勝利に導いた旧...

  • 星になれるか 968円
    作家 生島治郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/31

    『傷痕の街』で作家デビューした越路玄一郎。野坂昭如との出会い、吉行淳之介、長部日出雄とのバンコク旅行、そして直木賞受賞。その後訪れた睡眠薬中毒と小泉喜美子との離婚。自身が再起へ向かう姿と、一九六...

  • 浅草風土記 1100円
    作家 久保田万太郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/31

    名句《竹馬やいろはにほへとちりぢりに》で知られる文人・久保田万太郎。浅草生まれ浅草育ちの生粋の江戸っ子が、明治・大正・昭和三代にわたって移りゆく町の姿を、懐旧の情にみちた筆致で綴った名随筆。「雷...

  • 刑事・鳴沢了 (1~6巻) 825円935円
    作家 堂場瞬一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/31

    祖父・父を継いで新潟県警捜査一課の刑事となった鳴沢了は、晩秋の湯沢で殺された老女が、かつて宗教教団の教祖で、五十年前に殺人事件に関わったことを突き止めた。了は二つの事件の関連を確信するが、捜査本...

  • 浪漫疾風録 968円
    作家 生島治郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/31

    二十三歳の越路玄一郎が入社したのは、個性派揃いの梁山泊のような出版社だった。部長の田村隆一に仕事を叩きこまれ、都筑道夫の後を受けて『EQMM』編集長を務め、そして作家に。一九五六年~六四年の疾風...

  • あるようなないような 649円
    作家 川上弘美
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/31

    うつろいゆく季節の匂いが呼びさます懐かしい情景、ゆるやかに紡がれるうつつと幻のあわいの世界。じんわりとおかしみ漂う、味わい深い第一エッセイ集。

  • 日本書紀 (全2巻) 1320円1430円
    作家 井上光貞 川副武胤 佐伯有清 笹山晴生
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/31

    わが国最初の正史。神代から持統天皇の代までを漢文による編年体で記す。本書は、日本古代史の専門家による現代語全訳で、史料学的な注釈と解題を付す。上巻は天地開闢、国生みにはじまる神代紀、そして神武東...

  • 光ってみえるもの、あれは 858円
    作家 川上弘美
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/31

    いつだって〈ふつう〉なのに、なんだか不自由......。生きることへの小さな違和感を抱えた、江戸翠、十六歳の夏。みずみずしい青春と家族の物語。

  • 海軍基本戦術 990円
    作家 秋山真之 戸高一成
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/31

    丁字戦法、乙字戦法の全容が明らかに! 日本海海戦を勝利に導いた名参謀による幻の戦術論が甦る。本巻は同海戦の戦例を引いた最も名高い戦術論を収録。

  • 踊る星座 792円
    作家 青山七恵
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/22

    ダンス用品会社で働くセールスレディのわたしは、ヘンな顧客、重たい家族、痴情の縺れた上司に次々絡まれ、ぶちギレ寸前。今すぐここから逃げ出したい! 泥々に疲れた一日はしかし、幼き日の記憶と結ばれ、生...

  • 軍旗はためく下に 増補新版 1100円
    作家 結城昌治
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/22

    歴代直木賞受賞作中の白眉である(浅田次郎『コレクション戦争と文学11 軍隊と人間』解説より) 敵前逃亡・奔敵、従軍免脱、司令官逃避、敵前党与逃亡、上官殺害。陸軍刑法上、死刑と定められた罪により、...

  • 黒死病 ペストの中世史 1540円
    作家 ジョン・ケリー 野中邦子
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/22

    〈人類は、最悪の疫病を乗り越えてきた〉 一三四七年秋、世界の終焉を告げる船がシチリアに辿り着いた――中世・欧州人口の三分の一を奪った史上最悪の感染症に人びとはどう対応したか。免疫をつけるため汚...

  • 高座のホームズ 880円
    作家 愛川晶
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/22

    天女のように美しく、質素で健気な若い妻。その完璧な笑顔の裏に隠された秘密とは!? テレビやラジオで落語が大人気だった、賑やかなりし昭和五十年代。女に金に、そして芸の道に悩める噺家たちが、今日も探...

  • 大阪弁おもしろ草子 880円
    作家 田辺聖子
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/22

    「そこそこやな」「ぼつぼついこか」......。こうした言葉が人生のキャリアを積んだオトナの口からこぼれるとき、大阪弁はより生彩を帯び、迫力を増す。味わい深い大阪弁を通して、上方文化を考察する好...

  • 大阪弁ちゃらんぽらん 〈新装版〉 880円
    作家 田辺聖子
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/22

    「ああしんど」「あかん」「わやや」......。大阪弁独特のこうした言い回しのなかには、大阪人のどんな真情がひそんでいるのか。大阪の魅力と、それを育んだ精神風土を明らかにするエッセイ。〈解説〉長...

  • 青山二郎の話・小林秀雄の話 990円
    作家 宇野千代
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/06/26

    青山二郎と小林秀雄。この稀代の目利きと不世出の批評家の身近で同時代を生きた著者。その無垢の眼で捉えた二人の姿を描いた全エッセイを初集成。青山二郎、大岡昇平による著者をめぐるエッセイを併録する。文...

  • 夜の公園 607円
    作家 川上弘美
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/06/26

    わたしいま、しあわせなのかな。寄り添っているのに、届かないのはなぜ。たゆたい、変わりゆく男女の関係をそれぞれの視点で描き、恋愛の現実に深く分け入る長篇。

  • これでよろしくて? 748円
    作家 川上弘美
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/06/26

    主婦の菜月は女たちの奇妙な会合に誘われて......夫婦、嫁姑、同僚。人との関わりに戸惑いを覚える貴女に好適。コミカルで奥深いガールズトーク小説。

  • 回想の織田信長 フロイス「日本史」より 1100円
    作家 ルイス・フロイス 松田毅一 川崎桃太
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/06/26

    厚い信任を受けたポルトガル人宣教師フロイスの見た織田信長の素顔。一五六八年の初めての謁見から安土築城、八二年の本能寺の変、直後の明智光秀の死まで。戦国日本の第一級史料「日本史」から信長に関する章...

  • ことばの波止場 726円
    作家 和田誠
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/06/26

    読んだらすぐに試したくなる、大人が楽しいことばの遊び――戦時中の替え歌から、落語、和歌、歌詞や訳詞。しりとり、回文、アナグラム。七五調や韻の妙。マザーグースにクマのプーさん......。和田誠さ...

  • スケープゴート 金融担当大臣・三崎皓子 792円
    作家 幸田真音
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/06/26

    権力、欲望、嫉妬が渦巻く永田町。経済学者の三崎皓子は民間人から金融担当大臣に抜擢され、地方銀行の取り付け騒ぎを鮮やかに解決した。その後、参議院議員に当選し官房長官に就く。日本初の女性総理の期待と...

セーフサーチの状態