読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

双葉文庫の作品一覧

29件中1-24件 (1/2ページ)
  • 蘇えれ!淫狼 539円
    作家 橘真児
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/05/25

    朝の痛勤電車で館邦彦は週刊誌の中づり広告にふと目を留めた。「男性力を取り戻せ!」――そういえば厄年42歳、なのに妻子はおろか彼女もナシ。一念勃起、いや発起した邦彦は様々な回春法に挑戦。ネバネバ食...

  • 未亡人は、雪の夜に 539円
    作家 草凪優
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/03/30

    IT企業に勤める平凡な独身サラリーマンの真鍋倫太郎は、同じ社に勤める未亡人の派遣社員の川原真千子が、残業時に泣いている姿を目撃する。夫を喪ってからも夫の家族と同居している真千子は、義父から義弟と...

  • 翳り 561円
    作家 藍川京 草凪優 館淳一 牧村僚 睦月影郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/03/30

    意中の未亡人をものにすべく、箱根の別荘に招いた還暦過ぎの男が、清楚で気品溢れる彼女の意外な一面をうかがい知ることになる(「鬼縛り」)。旅館の若女将から、知り合いの娘の身に起こっているある出来事に...

  • おこめ紀行 550円
    作家 橘真児
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/01/17

    未亡人となった美しき義姉彩音に密かに心を寄せるカメラマンの渡利恒二は、おにぎり屋を開店する彼女を助けるべく一念発起。取材がてら各地の美味しい米やおにぎりの具を探し歩く恒二を導くように、初々しい農...

  • ひめごと万華鏡 561円
    作家 乃坂希
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2017/01/31

    経理課の新入社員は32歳の未亡人。ある夜に偶然街で出会った下条は、「あなたの匂いが好き」と言われ一夜をともにする。(「匂いの女」)ほか、ノスタルジックで洒落たテイストの短編7作に書き下ろしを加え...

  • 地下室の二人 583円
    作家 館淳一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2017/01/17

    亡くなった哲学教授、大山定則の蔵書整理をゼミの恩師から頼まれた大学生・鵜沼暁彦は教授の未亡人暸子と娘の綾美が避暑で不在の折、書棚の奥に隠し扉を見つける。そこには教授が生前、美少女や熟女と結んだ不...

  • 待ち濡れて 550円
    作家 黒沢美貴
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2016/06/14

    小料理屋<花うさぎ>の女将、雪乃は28歳の未亡人。亡き夫の残した店を懸命に守る一方、父親ほど年の離れた常連客の鉄吉に性愛の扉を開かれ、幸せな女盛りを迎えつつあった。だが、そんな雪乃に、若き板前・...

  • 彩りの未亡人 561円
    作家 末廣圭
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2016/01/19

    ゴルフのレッスンプロをしながら実家の寺の手伝いをしている永井宗介は、二年前に交通事故で夫を亡くした未亡人杉田仁美から連絡をもらい、夫の墓前でお経をあげてほしいと頼まれる。墓参りを済ませたあと、仁...

  • おんな、金沢 待ち濡れて 539円
    作家 橘真児
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2015/08/18

    縁起ものグッズの製作会社に勤める室井照道は金を使った新商品開発のため、北陸新幹線で金沢に出張。加賀百万石の華やかさに心浮き立つ照道。だが、風情ある茶屋街で一杯やろうと足を踏み入れたものの、一見さ...

  • 村長の未亡人 539円
    作家 葉月奏太
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2015/06/30

    東京育ちの加藤恵太は呑気な性格が災いし、就職活動に失敗。ようやく得た職はM県山間部で亡き夫の地盤を継ぎ、村会議員選挙に立候補した未亡人・北里佳代の秘書見習い兼運転手だった。佳代の儚げな美しさに舞...

  • 満願商店街 561円
    作家 沢里裕二
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2014/09/30

    デビュー2年目の官能小説家・森田哲平は、仕事に詰まった末に現実逃避を目論んで東京下町の商店街にある饅頭屋に下宿することになる。商店街に待っていたのは下宿先の未亡人春子、一見紳士ふうのラブホの主な...

  • 奥までキュッ 528円
    作家 葉月奏太
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2014/06/12

    勤め先を辞め、実家のハウスクリーニング業を継いだ高田輝良は二十六歳にして童貞の身。初仕事当日、緊張しながら高台の豪邸に向かった輝良だったが、そこで待ち受けていたのは、午後の日差しの下、黒スリップ...

  • 未亡人喫茶 550円
    作家 川奈まり子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2014/05/23

    亡父から下町の純喫茶を継いだ本田吾朗は時代錯誤のメニューと内装、寄り付かない客足にお手上げ気味。だが、ある雨の日、愁いを漂わせたレインコートの美女が久々の客となり、胸をときめかす。水嶋さち子と名...

  • 欲しがる人妻 440円
    作家 北沢拓也
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2013/07/05

    代々木にある東亜カルチャースクールの校長・萌田広平は、わけあって47歳の現在まで独身生活を続けている。しかし一方では、受講にくる人妻、OL、未亡人、美人秘書などに体当たりのラブ・レッスンを繰り広...

  • 誘惑未亡人 440円
    作家 牧村僚
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2013/07/05

    中学生の武田隆之は、女教師やクラスメートの女子らと濃密な愛欲の日々を送っていた。だが、隆之の欲情の本命ターゲットは隣に住む美しい未亡人。これ見よがしにリビングで繰り広げられる悩ましい下着姿をのぞ...

  • イブたちの囁き 440円
    作家 藍川京
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/11/02

    風祭遊介は、自棄酒を呑みに行ったスナックで偶然知り合った美貌の未亡人紫穂と一戦を交えた後、裕福な家庭の未亡人ばかりが加入している組織「イブの会」の会長を紹介される。肉欲に煩悶する未亡人の性を満た...

  • 未亡人重役 440円
    作家 赤松光夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    膝をこじ開け、ついに、舌先ははざまに触れた。その下に、過敏な未亡人の花園がある。

  • 花園あそび 440円
    作家 北山悦史
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    マーケットリサーチが仕事のため出張がちの西野元樹は、デザイン部門で働く若い未亡人芳本紫月から声をかけられ、久々に酒を呑みに出かけた夜に好きだと告白される。

  • 蜜愛の刻 440円
    作家 北山悦史
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    極上の手触りと至高の快感をもたらす、伝説の肌―如来肌。西山裕介が知り合った未亡人・小野恵美香は、その如来肌の持ち主だった―!

  • いけない女たち 440円
    作家 由布木皓人
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    事故死した亭主の墓参りに来た喪服の未亡人が和尚から思いもよらぬ仕打ちを受けて悶える「未亡人まんだら」など9編を収録。

  • 未亡人叔母 440円
    作家 牧村僚
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    小学校6年のとき、偶然盗み見てしまった叔父夫婦の交わり。それ以来叔母の白いふとももに魅せられつつ成長した小松原明彦は、大学に合格して上京し、5年前に未亡人となったあこがれの叔母・貴和子の家に下宿...

  • 女教師の放課後 440円
    作家 赤松光夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    同僚の童貞教師と、受験を控えた生徒と、校長と......福マンと噂される未亡人教師のスキャンダラスな男性遍歴!

  • 男喰い女教師 440円
    作家 赤松光夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    福マン、ジャイアンツのルーキー・スラッガーに活!上げマンと噂される高校の未亡人女性教師桐子の活躍。

  • 機密を抱いた牝猫 440円
    作家 北沢拓也
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    最初に梶谷の視界に飛びこんできたのは、畳の上にゆるくくの字に投げ出された未亡人の真っ白い脚であった。

セーフサーチの状態