読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

双葉文庫の作品一覧

1152件中1-24件 (1/48ページ)
  • インモラルレインに溺れて 529円
    作家 奏壱夜
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/07/19

    毎日の通勤電車で見かけるだけだった女性との、ふとした出来事から始まった不倫。五十路直前の村越浩市は妻を思いつつ、次第に薄れていく自制心と淫欲にのめり込んでいく。書き下ろし長編不倫エロス。

  • 新・浪人若さま 新見左近 (1~3巻) 551円
    作家 佐々木裕一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/07/19

    浪人新見左近を名乗り、弱きを助け悪を討つ。王者の秘剣、葵一刀流を遣うその男の正体は、のちの名将軍、徳川家宣――! 五代将軍綱吉のたっての願いで、世継ぎとして江戸城西ノ丸に入って三年。徳川綱豊とし...

  • かげろう日記 497円
    作家 吉村達也
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/07/19

    サスペンス・スリラーの傑作が15年の時を経て復刊!会社員の町田輝樹のもとに一冊のノートが届けられた。それは四年付き合った末に、一年前に別れた元彼女・内藤茜の筆跡による日記だった。しかし茜は半年前...

  • 左遷捜査 (1~2巻) 551円562円
    作家 翔田寛
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/07/19

    「そんなことは自分の頭で考えろ!」警視庁捜査一課に配属された目崎敦史は、コンビを組むベテラン刑事・棟方国雄警部補からどやされてばかりいる。目崎の経験のなさのせいでもあるが、“辞めさせ屋”の異名を...

  • 神様たちのお伊勢参り (1~5巻) 497円518円
    作家 竹村優希
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/07/19

    彼氏も職も失い、伊勢神宮に神頼みにやってきた谷原芽衣は、迷い込んだ山の中で不思議な青年・天に出会う。芽衣は、なりゆきで天の経営する宿『やおよろず』で働くことになったが、そこはなんだか不思議な宿。...

  • 棟居刑事の証明 583円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/07/19

    政財界に大きな影響力を誇っていた大物総会屋・税所重信の変死体が雑木林で発見された。捜査の過程で棟居刑事は、夏の終わりに海で偶然出会った六人の男女と、思いがけない再会を果たす――。人間の本質に鋭く...

  • GF ガールズファイト 497円
    作家 久保寺健彦
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/07/19

    若い女性がそれぞれの世界で頑張る姿を描いた短編集。落ち目のアイドルがかつての栄光を取り戻すべく一発逆転の大勝負に出る。果たして復活できるのか?(「キャッチライト」)や、白バイ隊員になりたかったが...

  • 死神とエプロン 529円
    作家 秦本幸弥
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/07/05

    現代の死神業は、ブラック職種!人遣いの荒い上司に酷使され、次々とターゲットをあの世に送っていた西野。その甲斐あって、ノルマの10人斬り達成まであと一人というところまでこぎ着けた。しかし、最後のタ...

  • 帳尻屋仕置 (3~6巻) 540円562円
    作家 坂岡真
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/07/05

    神田馬ノ鞍横町で口入屋を営む蛙屋忠兵衛は、大店のおこぼれの小商いばかりで、うだつの上がらぬ毎日。昼酒を啖い、無聊を託つが、忠兵衛には女房のおぶんも知らぬ裏の顔があった――。雲弘流の達人、「殺生石...

  • ひかりの魔女 (1~2巻) 583円594円
    作家 山本甲士
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/07/05

    浪人生の真崎光一は一日中家にいる。そこへ祖母が同居することになった。小柄で温厚で普通のおばあちゃん......と思ったらなんだかめちゃめちゃ多くの人に慕われてるし!? 周囲の問題解決してるし! ...

  • 十返舎一九 あすなろ道中事件帖 (1~3巻) 518円551円
    作家 木村忠啓
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/06/28

    重田貞一(のちの十返舎一九)は、堺の家も妻子も捨て去り、戯作者として名を立てるべく、江戸でひとり悪戦苦闘の日々を送っていた。そこへ北町奉行・小田切土佐守から探索への協力を求められる。土佐守にはか...

  • 御納屋侍 伝八郎奮迅録 (1~2巻) 529円594円
    作家 長辻象平
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/06/28

    時は元禄四年、親の代から浪々の身である鮎貝伝八郎は、竪川沿いの長屋に住む貧乏暮らし。そんな伝八郎の長屋に、突然初老の武家が訪ねてくる。尾張藩の家老稲葉主膳と名乗ったその男は、伝八郎を尾張藩で召抱...

  • 買い物の九割は失敗です 562円
    作家 岸本葉子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/06/28

    ますます便利になった通販。時間をかけて吟味してポチったものの果たして結果は......!? かといってリアル店舗で購入すれば必ず成功というわけでもなく。失敗しても得しても、やっぱりお買い物は楽し...

  • 神楽坂0丁目 あやかし学校の先生になりました 518円
    作家 桑野和明
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/06/28

    東京の神楽坂は、石畳の路地で有名な花街。まるで迷路のように広がるその路地のひとつに、不思議な学校があった......。 如月由那は、街で出会った老婆に頼まれ、教師としてある学校で働くことになった...

  • 蜜花めぐり 529円
    作家 乃坂希
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/06/28

    中堅製菓メーカーで営業をしている星野純平は、ヤリたいけど女性と付き合うのは苦手という独身。ところが、ある日道端で助けた老婆からお礼にと渡された招き猫のキーホルダーのご利益によって、想像したとおり...

  • 帳尻屋始末 (1~3巻) 540円551円
    作家 坂岡真
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/06/28

    訳あって脱藩し、雲州から江戸に出てきた若い浪人・琴引又四郎。古びた口入屋「蛙(かわず)屋」に足を踏み入れたことから、江戸の悪を懲らしめて善悪の帳尻を合わせるという「帳尻屋」と呼ばれる集団と関わる...

  • 特選 THE どんでん返し 529円
    作家 秋吉理香子 井上真偽 友井羊 七尾与史 谷津矢車
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/06/28

    “どんでん返しの神様”がここにいる。本格推理もクライムノベルも時代小説もジャンル不問!全編新作、仰天でのけぞる出来! 都市で漂流を続ける少女たちにとって、衣食住をめぐんでくれる“神様”とは? 自...

  • 上皇陛下からわたしたちへのおことば 475円
    作家 高森明勅
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/06/28

    2017年に刊行された書籍を増補改訂して文庫版に再編集。退位の意向を示された陛下の「おことば」が大きくクローズアップされましたが、震災直後などこれまでも折にふれ、そのお人柄がよくわかる印象的なお...

  • 神田まないたお勝手帖 518円
    作家 槇あおい
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/06/28

    母を三年前に亡くし、父であり腕のいい料理人の千吉と、二人で飯屋を切り盛りしているおはる。もうすぐ二十歳だが、思い人とは夫婦になれず、このまま店を手伝っていくのかと将来に不安を覚えている。でも温か...

  • この歳でヒモ? 562円
    作家 霧原一輝
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/06/28

    50歳の岩木孝太郎はリストラ同然で会社を退職した日に、キャバ嬢の美咲と深い仲に。女房とは三年前に別れているので、なりゆきでそのまま同棲へ。美咲にパトロンが現れ、潔く身を引いた孝太郎だったが、バー...

  • ひがた町の奇跡 529円
    作家 山本甲士
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/06/07

    大手ビール会社でCM製作に携わり異例の出世をした出水英一は、仕事に疑問を持ち半年ほど前に故郷のひがた町役場に転職してきた。その頃、町の海岸で謎の生物を見たという情報が多く寄せられ、メディアでも取...

  • 女だらけの蜜室 529円
    作家 睦月影郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/05/31

    二浪の末、大学に合格した桃山春彦。入学前の三月に高校の同級生に誘われ、大学のサークルの北海道での合宿に同行する。すると宿泊先は女性ばかりなうえに、大雪のため外部と遮断され、籠城を強いられる。閉ざ...

  • 御庭番闇日記 (1~2巻) 518円
    作家 誉田龍一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/05/31

    若い頃に御庭番を務め、その後、箱館奉行、外国奉行、神奈川奉行を歴任、さらには万延元年に幕府の「遣米使節」の一員として小栗上野介らと共にアメリカに渡るなど、幕末を代表する旗本&外交官であった村垣範...

  • 道後温泉 湯築屋 (1~2巻) 551円562円
    作家 田井ノエル
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/05/31

    道後温泉にたたずむ温泉宿『湯築屋』。古びた宿に見えるが、暖簾を潜ることのできる「お客様」にとっては、居心地がよく、癒しの効果もある、おもてなしの宿であった。なにせ、お客様は神様ばかり。そんな湯築...

セーフサーチの状態