読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

双葉文庫の作品一覧

26件中1-24件 (1/2ページ)
  • 買い物の九割は失敗です 572円
    作家 岸本葉子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/06/28

    ますます便利になった通販。時間をかけて吟味してポチったものの果たして結果は......!? かといってリアル店舗で購入すれば必ず成功というわけでもなく。失敗しても得しても、やっぱりお買い物は楽し...

  • 少しのお金で優雅に生きる方法 506円
    作家 吉村葉子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/06/15

    不況が長引き、「お金がない」状態に慣れてきた日本人。しかし、お金はなくとも十分楽しく、センスのある暮らしはできる! フランス生活の長かった著者が、少しのお金で豊かに暮らすことに長けているフランス...

  • ゆうぞらビール 561円
    作家 森沢明夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2017/08/23

    海の近くの洞窟でおっさんとシェアハウスしたり、防波堤に寝転びほろ酔い気分で夜空のUFOを見物したり、川原でキャンプしていたら鮎を30匹食べる羽目になったり...。バイク旅や悪友たちとのアウトドア...

  • あおぞらビール 572円
    作家 森沢明夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2017/08/23

    海、川、山......アウトドアや日本各地の放浪旅で、ぼくと悪友たちが遭遇した抱腹絶倒の出来事を綴った青春野遊びエッセイ集。「笑い転げて、電車の中では絶対に読めない!」とファンの間で絶賛された単...

  • 本棚探偵の生還 671円
    作家 喜国雅彦
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2017/08/23

    本棚探偵、古本を求め、ついに台湾へ!ロンドンへ! もちろん聖地・神保町も忘れちゃいない。ここをスタート地点として三鷹まで、マラソンしながら古本を買ってみた。いや、古本を買いながらマラソンしてみた...

  • 本棚探偵 最後の挨拶 638円
    作家 喜国雅彦
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2017/08/23

    せっかくこれだけ古本を蒐めても、墓場までは持っていかれない ‐‐そのことに気づいた著者が、厳選に厳選を重ねトランク一つ分に本を詰めてみたり、私家版『暗黒館の殺人』の製作に着手したり、再び日下三蔵...

  • カートに入れる? 539円
    作家 岸本葉子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2017/02/28

    そりゃ欲しがりませんよ、「知るまで」は! これがあったら生活がもっと素敵なことになるのでは!? 知ってしまったら頭から離れない! 注文に進むまで、笑ってしまうほどの入念な調査を経て、それなのに失...

  • バイ貝 484円
    作家 町田康
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2016/11/01

    日々の生活の中でたまった鬱を、日々の生活の中でいかに散ずるか。「物」を買い、使い、また買い、使う。消費社会で生きる私たちの姿をあますところなく描く。超言語激烈文芸作品。

  • デラックスじゃない 506円
    作家 マツコ・デラックス
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2016/10/18

    8年にわたり時事とともに「いまのマツコ」を作った出来事を激語り。 「この業界に飛び込んでみて、自分がなんてつまらない人間なのかと愕然とした」など自身のこれまでを顧みたり、フェイスブックやツイッタ...

  • 木皿食堂 (1~2巻) 539円572円
    作家 木皿泉
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/03/09

    伝説のドラマ『すいか』以降、その作品世界が熱く支持されている夫婦脚本家・木皿泉。何気ない日常が愛おしくなるエッセイや、創作への熱い情熱が伝わる羽海野チカとの対談をはじめ、貴重なロングインタビュー...

  • それでも酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く 506円
    作家 大竹聡
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2015/12/18

    酒飲みエッセイの最高峰、「酔ってません」シリーズ。齢50を過ぎても夜な夜な酒場へ繰り出し朝まで酩酊。様々な酔っ払いとの交流を通して酒場の愉しさ、酒の面白さを伝えていく......べく今夜も杯を重...

  • 流されゆく日々 (1~6巻) 550円671円
    作家 五木寛之
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2015/06/30

    1975(昭和50)年10月から30年以上「日刊ゲンダイ」紙に連載され続けているギネス記録保持のエッセイ「流されゆく日々」を、開始時から時空列順にまとめたエッセイ集。著者が43歳の時から、芸術・...

  • 4ページ小咄 井崎脩五郎のおもしろイイ!話 506円
    作家 井崎脩五郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2014/07/24

    十年以上続く「小説推理」の人気連載を待望の文庫化。スケベ心が幸いして世界記録を生み出した話、勉強とは「自分がバカであることを知るためにするのです」と教えてくれた恩師の泣ける話など、6つのジャンル...

  • 我が愛と青春のたけし軍団 594円
    作家 たけし軍団 ガダルカナル・タカ
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2014/06/24

    不世出のコメディアン、ビートたけしを師匠に持つ「たけし軍団」。軍団のリーダー格であるガダルカナル・タカを中心に、つまみ枝豆、ダンカン、松尾伴内、グレート義太夫ら、総勢8名の軍団中核メンバーが明か...

  • 二度寝で番茶 550円
    作家 木皿泉 土橋とし子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2014/05/09

    向田邦子賞を受賞した「すいか」をはじめ、「野ブタ。をプロデュース」「Q10」などの伝説的ドラマを生みだした夫婦脚本家・木皿泉。二人が家族、愛、自由、幸せ、孤独、個性、笑い、お金、創作、生きること...

  • まだまだ酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く 506円
    作家 大竹聡
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2014/03/28

    ぜんぜん酔ってないと豪語して、著者は毎夜毎夜酒場へ繰り出し、酔人と出会い、自らも酔いの深みへと足を突っ込んでいく。今度はどんな酔態が見られるか。すべての酒呑みに捧げるホロ酔いのエッセイ集。

  • 毒舌訳 哲学者の言葉 495円
    作家 有吉弘行
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2013/11/22

    難解と言われる哲学者の言葉。それをお笑い芸人・有吉弘行が自身の体験から得た鋭い指摘を「毒舌」というオブラートに包み込み、軽妙洒脱にアウトプット。そうだったのか――!!哲人の言葉が身近に感じられる...

  • 舌先の格闘技 440円
    作家 中島らも
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    「しゃべるスピード」が「ジャイアント馬場」級の中島らもが、「必殺のへらず口」を体得すべく、松尾貴史等口先の達人達と舌戦を展開するスーパー対談集!

  • ブスの壁 550円
    作家 島村洋子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    「ブスにも壁がある!!」『せずには帰れない・電脳版』作品集。

  • 家ではしたくない 440円
    作家 島村洋子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    靴をはいたままやったことがある。というよりも脱ぐ間もなくあわててやった、という感じだけど。

  • へるもんじゃなし 440円
    作家 島村洋子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    えらそうに前を向いた私は数学の嫌いな小説家志望の中学二年生だった。

  • せずには帰れない 440円
    作家 島村洋子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    S子と私は、快感がどこに存在するのかを日夜、探究する魂のジプシーである。

  • 変!! 440円
    作家 中島らも
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    変な人というのはたいていの場合、自分が変だということには気づいていない。

  • もう一度、聴かせて 330円
    作家 島村洋子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    ちょっと懐かしい名曲の想い出を綴った著者お気に入りの1冊。

セーフサーチの状態