読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

双葉文庫の作品一覧

20件中1-20件 (1/1ページ)
  • いのちの悶え 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    伊川良子、二十三歳、見合いで結婚して一年。まだ、頂上に、到達したことが、ない。夫とまじわったあと......。

  • 背信の季節 (1~2巻) 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    疑惑は的中したようである。秋野の言葉には、主観による誇張は多少あっても、嘘はないはずだ。

  • 情事の周辺 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    雅子は清一の膝から降り、それがきっかけになってふたりは食卓から離れ、抱き合って畳の上にころがった。

  • 思春期 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    先生の顔はさらに近づいた。と思うと、そっとくちびるは壮太郎の頬に押しつけられた。頬への短い接吻ののち......。

  • 情炎海峡 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    男が上で女が下で重なり合っていると理解するのに十秒ほどかかった。その間も女の声は「いいっ、いいっ」と......。

  • 恋と欲望の季節 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    覚悟を決めている友子は、不安のなかにも期待をみなぎらせて上気した顔で明のなすがままになっていた。

  • すみれ寮哀歓 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    村井は自分を、学者だと規定している。アパートの経営者だとは思っていない。だから、勉強家である。

  • 女たちの欲望 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    星一郎がはじめて女のなかの女に直面したのは、中学二年の秋であった......思春期を純粋に生きる若者の性。

  • 官能の宴 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    初江は舌を伸ばしてきた。宏は舌でそれを迎える。舌と舌とが戯れはじめ、そのなかで初江の腰はうねった。

  • 初体験 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    「どうして? 男の子は女の子に興味をもたない? 同じことだわ。女の子のほうがそれをあからさまに表現しないだけよ」

  • 絶頂の狩人 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    二人の女に撫でられ、陽一のそれはたちまち血管を浮かせて怒張し、上下に脈打ち始めた。弘子はその根元を握り......。

  • 火照る姫 (1~2巻) 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    スワッピングの世界に入っている男たちは、セックスに強い自信を抱いているエキスパートたちであろう。

  • 恋情賛歌 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    一昭は「定時制高校に通いながら訪問販売のアルバイトをしている」といくつかの団地を回る。その団地の人妻たちは......。

  • 密通 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    性の欲望に関する刺激は追及して行けば段々とエスカレートする。その方向が人の資質によって様々のようである。

  • 玩ぶ女たち 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    石川の家は金持ちなのだ。葉子が石川についてもっとも気に入っている点だ。平岡とはまったくちがう点である。

  • 華やかな獲物 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    高三の秋に踊りのお師匠さんの紹介で蓮城寺貞子さんと結ばれ、おれは二人の女と楽しみ合える身分になっていた。

  • 続・官能の宴 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    こうして並べてみると、たしかに姉と妹である。宏は、この二人のからだを両方とも知っているのだ。

  • 背徳者たち 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    雅子の夫はちょうど出張で東京に行っていて、会えなかった。そのかわり、二人はその家に一泊することになった。

  • 花の秘密 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    両手をしっかり握りしめている鈴子の目に、井村の下腹部の黒い茂みが入った。それは広い茂みで黒光りしていた。

  • 浮気の代償 432円
    作家 富島健夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    宏の手が恵子のスカートの内側に入ってきた。思いがけないことで、くちびるをはずして抵抗し、争いになった......。

  • 1
セーフサーチの状態