読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

双葉文庫の作品一覧

9件中1-9件 (1/1ページ)
  • 蘭方医・宇津木新吾 (1~9巻) 561円572円
    作家 小杉健治
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/08/02

    長崎帰りの見習い蘭方医・宇津木新吾は、町医者の幻宗の治療にかける真摯な姿勢と見事な腕前に傾倒していく。しかし、新吾の養父・順庵は、新吾を自分の出世の道具にしようと、表御番医・上島漠泉のひとり娘・...

  • 父と子の旅路 572円
    作家 小杉健治
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/02/16

    青年弁護士・祐介のもとに難題がまわってきた。その難題とは、自分の両親を惨殺した死刑囚の再審を担当して欲しいという酷い依頼だった。悩み苦しんだ末、祐介はひとつの結論をだした・・・。法廷ミステリーの...

  • 決断 583円
    作家 小杉健治
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2017/07/18

    銀座ホステス絞殺事件で、担当検事の江木秀哉は捜査に関しての疑問を刑事たちに呈したものの、彼の話に耳を傾けたのは高須刑事だけだった。くしくも高須は、二十年前、秀哉の父・秀蔵とともに、迷宮入りしたあ...

  • 残り火 583円
    作家 小杉健治
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2015/12/01

    墨田・江東地区連続殺人事件の容疑者として相浦純也が逮捕された。縁あって純也の無実を信じる立花孝久からの弁護依頼を受けたのは、水木邦夫弁護士だった。妻を亡くし、生ける屍となっていた水木にとって再起...

  • 検事・沢木正夫 共犯者 583円
    作家 小杉健治
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2014/08/19

    「愛しているなら証を見せて!」女の悲痛な叫びに男はどう応えたのか? 男は昔の恋人。それも彼女の夢を潰えさせてしまった過去を持つ。犯罪の底に潜む男女の心の闇とは!? 長編検察小説・沢木正夫シリーズ...

  • 保身 627円
    作家 小杉健治
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2014/06/12

    殺人犯が現場から逃走するときに目撃したのは、県警幹部が犯した轢き逃げだった。県警側は幹部を庇い、殺人事件の捜査すらも、捻じ曲げようと画策する。その事実を知った殺人事件の担当刑事が苦悩の末に出した...

  • 家族 572円
    作家 小杉健治
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2014/06/12

    ホームレスの男が盗み目的で住宅に侵入し、認知症の老女を殺害したとして逮捕された。男はこの事実を認め、新裁判員制度での裁判がはじまった。裁判員のひとり谷口みな子は、自身の経験から、この事件を老女の...

  • 帰還 880円
    作家 小杉健治
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    絢子は父の遺体にすがって号泣した。寺坂も親友の変わり果てた姿に愕然とした。

  • 多重人格裁判 660円
    作家 小杉健治
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    ある環境に身を置き、そしてその歯車が狂ったとき、人間は犯罪に走る要素を誰でもが持っている。

  • 1
セーフサーチの状態