読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

双葉文庫の作品一覧

11件中1-11件 (1/1ページ)
  • 青春の十字架 572円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/06/29

    警視庁警護課のSP・寒川は、捜査一課・棟居刑事の大学山岳部時代の盟友。その寒川の妹・加菜が、奥飛騨山中で遺体となって発見された。フリー記者だった加菜は何を追っていたのか。独自に調べを進める寒川は...

  • 棟居刑事の見知らぬ旅人 551円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/03/30

    自衛隊第1空挺団OBで、現在は代行業を営む降矢浩季のもとを学生時代の恋人・優子が訪ねてきた。妹の真美子が失踪し、その捜索を依頼しにきたのだ。真美子のマンションを調べた降矢は、彼女が「特殊接待」の...

  • 棟居刑事の青春の雲海 572円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2016/11/01

    公園の片隅で発見されたホームレスの死体。身元不明の被害者を洗う警視庁捜査一課の棟居は、八年前の迷宮入り強盗殺人事件との関係に気づく。北アルプスに端を発する二つの事件を繋ぐ糸を手繰るうちに、棟居刑...

  • 棟居刑事の純白の証明 605円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2016/05/10

    T省課長補佐が、公共事業の受注先である大手商社のビルから墜落死した。自殺か? はたまた他殺か? 捜査を開始した棟居の元に、ベテランアルピニストが北アルプス「夢の縦走路」で遭難死したとの報せが届く...

  • 殺人の祭壇 562円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2015/05/19

    学生時代に恋慕した女と共に、作家・北村直樹が訪れたことのある沼で、北村がかつて会社を辞める元凶となった男の死体が発見される。さらには北村のサイン入り腕時計をした別の男の死体も発見され、北村はいく...

  • 棟居刑事の東京蛮族 540円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    ホームレス老人・元社長・会社人間・家出少女の4人が捜査陣の向こうを張って殺人事件を追う。「棟居刑事シリーズ」の傑作長編ミステリー!

  • 棟居刑事の悪の器 432円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    人間を悪に誘う巨大な器・東京と、人間の黒い一面を鋭く描いた「棟居刑事シリーズ」の傑作。

  • 牛尾刑事・事件簿 殺人の債権 432円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    二組の新婚夫婦に起きた不可解な失踪事件の真相は!?

  • 棟居刑事の殺人の衣裳 432円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    一流銀行の行員が人妻の誘拐を企てていると知ったら、上司は腰をぬかすであろう。

  • 棟居刑事の複合遺恨 432円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    佐倉先生はそれが供物であることを知らない。知らなくてもいい。それが憧れの象徴に対する供物なのである。

  • 牛尾刑事・事件簿 山の屍 540円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    受講生仲間から”取材をかねた売春”を勧められた純子は、客から「自分は余命いくばくもない」という告白とともに「山の屍」と題された小説を託される。

  • 1
セーフサーチの状態