読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

双葉文庫の作品一覧

10件中1-10件 (1/1ページ)
  • 夏を拾いに 659円
    作家 森浩美
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/10/19

    「お父さんが小学生のときはな......」父が息子に誇りたい、昭和46年のひと夏――小五の文弘は、祖父から町に不発弾が埋まっている話を聞く。様々な家庭の事情を抱えた仲間四人で、不発弾探しを始める...

  • 終の日までの 529円
    作家 森浩美
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2017/05/09

    母が他界した五年後に、独り暮らしの父が亡くなった。納骨を済ませ子供たちは実家に集まり、ぽつりぽつりと両親の想い出話をする。遺品整理を始めたところ、父は意外なものを遺していた。そして初めて父の家族...

  • 小さな理由 540円
    作家 森浩美
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2016/11/01

    離婚した妻が引き取り、もう15年も会っていない娘から突然連絡があった。それは結婚の報告のためで、披露宴に呼べないことを涙ながらに告げるが......「いちばん新しい思い出」。大好評、森浩美の家族...

  • 家族の分け前 518円
    作家 森浩美
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2016/11/01

    苦情処理係に異動となり、うつの症状が出て会社を一カ月ほども休んでいる父。息子は父の一番好きな場所に行った。父に会って二人きりで話したかった――「それでも鳥は空を飛ぶ」など、心温まる短編集。累計3...

  • こちらの事情 518円
    作家 森浩美
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2016/11/01

    15万部を突破した『家族の言い訳』の著者が描く、涙の短編集。母を老人介護施設に預ける息子の心中を描いた『荷物の順番』や『晴天の万国旗』はラジオドラマ、試験問題になった出色の感動作。

  • 家族の言い訳 518円
    作家 森浩美
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2016/11/01

    単行本刊行時「もっと早く読んでいたら私も離婚にならなかった」「バスの中で涙で読めなくなり、恥ずかしくなるくらいでした」「もう人生の終わりに近づきこの本を読んだのは残念」などの温度の高い感想が、特...

  • 家族の見える場所 518円
    作家 森浩美
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2016/02/16

    45万部突破のベストセラー「家族小説短編集」シリーズ第7弾! 東京の大学に合格して一人暮らしを始める息子は、旅立ち間際になっても愛想がないことこの上ない。物足りなさと一抹の寂しさを覚えた母は一計...

  • 家族ずっと 518円
    作家 森浩美
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2016/02/16

    男ひとりのやもめ暮らし。近接したマンションからは小さな子どもが二人いる家庭の、賑やかな会話が聞こえてくる。一人で夕飯をつつきながら思う。疎遠になった娘は今どうしているだろうか。「裏窓の食卓」など...

  • 完全推定恋愛【全話収録版】 432円
    作家 森浩美
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    ひとつひとつは驚くほど短いけど、ぜんぶで60編のショートショートの中に、恋愛のもどかしさも、嬉しい気づきも、せつなさも楽しさもみんな詰まって共感要素は特大。数多くのヒットポップスを生み出してきた...

  • 完全推定恋愛【分冊版】 (1~12巻) 32円
    作家 森浩美
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    ひとつひとつは驚くほど短い物語の中に、恋愛のもどかしさも、嬉しい気づきも、せつなさも楽しさもみんな詰まって共感要素は特大。数多くのヒットポップスを生み出してきた名作曲家森浩美だから描ける「恋愛小...

  • 1
セーフサーチの状態