読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

文春新書の作品一覧

473件中1-24件 (1/20ページ)
  • スマホ危機 親子の克服術 880円
    作家 石川結貴
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/09/17

    スマホの罠から子どもを救う――SNSトラブル・ゲーム依存・LINEいじめ・不適切画像......。 親が知らない驚くべき実態を、当事者インタビューや丁寧な現場取材から克明にレポート。 子どもの生...

  • 百歳以前 880円
    作家 徳岡孝夫 土井荘平
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/09/17

    「男おひとりさま」の友情――22篇の人生 じきに百歳、老友二人の日常、回想、心情 旧制北野中学(北野高校)の同級生、ともに妻を亡くした91歳の二人が綴る日常、過去と現在の往還、淡い恋心。「男お...

  • 東京の謎(ミステリー) この街をつくった先駆者たち 880円
    作家 門井慶喜
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/09/17

    『家康、江戸を建てる』『東京、はじまる』など、江戸・東京に深い造詣をみせる筆者が、東京の21の地域について過去と現在とを結び、東京の「謎」を解き明かす。 はじめに なぜ東京を「とうきょう」と読...

  • グリーン・ジャイアント 脱炭素ビジネスが世界経済を動かす 1001円
    作家 森川潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/09/17

    時代の転換点は、すでに静かにやってきている――。 ESG投資、電気自動車、次世代原発、代替肉、植物性ミルク、洋上風力発電、太陽光発電......。 日本人の知らない気候変動経済のすべてがわかる、...

  • 女たちの壬申の乱 880円
    作家 水谷千秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/08/19

    古代最大の内乱に秘められた愛憎劇 ・万葉集に名高い「額田王」が詠んだ恋の歌の謎 ・夫・天智天皇を慕う「倭姫皇后」の最期 ・天武天皇と共に国を造った「持統天皇」 古代史研究の第一人者が女性たち...

  • 明日あるまじく候 勇気を与えてくれる言葉 880円
    作家 細川護熙
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/08/19

    欲無ければ一切足り 求むるあれば萬事窮す 良寛 政をなすの著眼は情の一字にあり 佐藤一斎 90年代には総理大臣も務め、現在は陶芸や日本画を描く芸術家として 活動している細...

  • シルクロードとローマ帝国の興亡 880円
    作家 井上文則
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/08/19

    ローマと漢、二つの古代帝国の興亡は、シルクロードと深い関係にあった。ユーラシアを横断する交易に着目した、新しい壮大な世界史。

  • 筒美京平 大ヒットメーカーの秘密 880円
    作家 近田春夫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/08/19

    まさに筒美京平をめぐる完全版! 「超えられない数字、才能。でも、鍵[key]は残してくれたかも!」――小室哲哉 筒美のシングル売り上げは7560万枚で、2位の小室哲哉(7184万枚)を凌ぐ。作...

  • ラストエンペラー習近平 880円
    作家 エドワード・ルトワック 奥山真司
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/07/19

    ますます緊張を高める米中関係。「習近平は、完全に全方位敵対路線に入った」と著者は語る。 「最後の皇帝」習近平は何を目指すのか? ・習近平は毛沢東以来の「皇帝」となった ・最新の外交戦略「チャ...

  • 歴史探偵 (1~2巻) 880円
    作家 半藤一利
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/07/19

    歴史のよもやま話から悪ガキ時代を描く自伝的エッセイまで。 2021年1月に亡くなった、半藤一利さんの最後の著作には「人生の愉しみ方」が詰まっている。 昭和史最良の語り部、半藤さんの遺した、昭和...

  • 実録 脱税の手口 1001円
    作家 田中周紀
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/07/19

    芸能人や会社経営者の脱税や所得隠しが大きなニュースになっても、その手口の詳細について報じるメディアは少ない。 税金事件の取材を長年続けているベテラン国税記者が、実際に使われた「脱税の手口」の数々...

  • インパールの戦い ほんとうに「愚戦」だったのか 1001円
    作家 笠井亮平
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/07/19

    欧米で「東のスターリングラード」と称される死闘―― 「白骨街道」「無謀な作戦」「日本型組織の最大の失敗例」としていまだに語り継がれる太平洋戦争時に行われたインパール作戦。指揮官の無理な命令、補...

  • 超空気支配社会 1001円
    作家 辻田真佐憲
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/06/18

    SNS、コロナ、オリンピック......「空気」の圧力が覆う現代日本を読み解く令和版「空気の研究」。 自由気ままにものを書いて発言する時代は終わったのか? 日本を動かす「空気」の本質を衝く。 ...

  • 戦前昭和の猟奇事件 950円
    作家 小池新
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/06/18

    大正から昭和に入るころ、犯罪は現代と比べてひとつひとつが強烈な存在感を放っていました。新聞や雑誌が競い合って報道し、読者もこぞって読み漁る――。 本書では、その発端ともいえる、「鬼熊事件」(一...

  • 金正恩と金与正 1001円
    作家 牧野愛博
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/06/18

    佐藤優氏絶賛!「金与正の謎が初めて解き明かされる」 韓国を「クズ」と罵倒し、連絡事務所を爆破。 「知的で聡明」な妹は金正恩の後継者なのか? 兄妹を支える「赤い貴族」の実態とは?

  • コロナ後を生きる逆転戦略 縮小ニッポンで勝つための30カ条 880円
    作家 河合雅司
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/06/18

    少子高齢化による人口減少に加えて、コロナ対策で遅れをとった日本に逆転のシナリオはあるのか? 企業も個人もコロナ禍を生き抜くには、今までの常識を一切捨てて「戦略的に縮む」しかない。 累計88万部『...

  • 悲劇の世界遺産 ダークツーリズムから見た世界 1200円
    作家 井出明
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/05/27

    世界遺産の登録対象は、かならずしも栄光の歴史を語る場所ばかりとは限りません。 そこには、戦争、災害、人身売買、虐殺、拷問、疾病をはじめとして、人類の悲劇の記憶も同時に数多く残されています。 世...

  • 教養脳 自分を鍛える最強の10冊 880円
    作家 福田和也
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/05/20

    「古典」の美味しいところだけを味わう! 万葉集、論語からヒトラー『我が闘争』まで、気になりながら読み通せない古典を、 博覧強記の批評家が刺激的かつ明解に解説。読むと読まないとで、人生が変わる。 ...

  • 経理から見た日本陸軍 1300円
    作家 本間正人
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/05/20

    大組織・日本陸軍を裏側から支えた男たちの物語。 予算決定や兵器の調達、兵士たちの食生活、唯一の憩いであった酒への並々ならぬ執念や、お財布事情など、知られざるエピソードを紹介。

  • 枝野ビジョン 支え合う日本 880円
    作家 枝野幸男
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/05/20

    私が総理大臣になったら――。 立憲民主党代表が、総選挙に向けて提示する、目指すべき社会のあり方。 自己責任論が壊した、みんなで支え合う社会を取り戻すために。 「保守本流」を自称する立憲民主党の...

  • 16世紀「世界史」のはじまり 950円
    作家 玉木俊明
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/04/20

    「世界史」はここに始まる 歴史を動かしたのは宗教改革でもルネサンスでもなく、グローバル商人だった!? 欧州、新大陸、日本と、世界史が一つにつながった時代。 けっして豊かではなかったヨーロッパが...

  • 婆娑羅大名 佐々木道誉 880円
    作家 寺田英視
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/04/20

    「婆娑羅」という言葉をご存じでしょうか。室町時代初期に上級武士の間で猖獗を極めた乱暴な行動様式のことで、 戦国末期に流行った「傾奇」の先輩と考えるとわかりやすいでしょう。この婆娑羅の代表が、本書...

  • お寺の日本地図 名刹古刹でめぐる47都道府県 1100円
    作家 鵜飼秀徳
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/04/20

    お寺がわかればその土地がわかる。 お寺は「日本を知る」最強のパワースポットだ! 東北のオススメ古刹は芭蕉に聞け? 善光寺にはなぜ宗派がない? 日本で唯一国宝のお寺、「本物の釈迦の骨」を安置する...

  • 韓国「反日民族主義」の奈落 950円
    作家 呉善花
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/04/20

    韓国がファシズム化している――。 文在寅の野望は、「反日」を利用して韓国の保守勢力を壊滅させ、北朝鮮と歩調を合わせた「自由なき全体主義国家」を樹立することだ! 呉善花が迷走する祖国にあえて問う...

セーフサーチの状態