読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

文春e-bookの作品一覧

80件中25-48件 (2/4ページ)
  • 獣でなぜ悪い 1000円
    作家 園子温
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/05/30

    女は未来しか見ていない自由な獣だ―― 吉高由里子、満島ひかり、二階堂ふみ...... 彼女たちはなぜ壁を突破できたのか? ・日本社会に蔓延する「透明な檻」を打ち破れ ・セックスにこそ、その人の...

  • 不倫のオーラ 1000円
    作家 林真理子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/03/30

    バカなことをやる時は、死のものぐるいで! 読めば元気がでる人気ご長寿エッセイ 大河ドラマ「西郷どん」の脚本家・中園ミホさんとの番外対談も収録 還暦を過ぎても「威厳を持たず、ちゃらいおばさん」...

  • 猫の一年 1500円
    作家 金井美恵子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/03/30

    2006年サッカーW杯から始まる異色のエッセイ 「ことサッカーに関して、男は正直であらねばならない」? イモとマッチョはお断り、縦横な思考が鋭く楽しい異色のエッセイ集 男(メディア)の嘘とイ...

  • 苦汁200% 1000円
    作家 尾崎世界観
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/03/16

    これ以上書いたって情けなくなるだけだ。 ここまで書いたらもう手遅れだけど。 悔しくて震える。 でもこっちの方が、会いたくて震えるよりも、性に合ってる。 クリープハイプ・尾崎世界観の赤裸々日記...

  • オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉 1099円
    作家 阿川佐和子 大石静
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/01/30

    『聞く力』シリーズが190万部のベストセラーとなる一方、2017年に“還暦婚”を果たした阿川佐和子さん64歳と、『ふたりっ子』『セカンドバージン』などのヒット作を誇る売れっ子脚本家で、実生活でも...

  • にっぽんの履歴書 1201円
    作家 門井慶喜
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/01/29

    第158回直木賞(平成29年下半期) 受賞後第一作! 著者が長年創作のテーマとして考えてきた「歴史と日本人」をこの一冊に。 ――戦前の日本は、お人よしだな。 そう思うことがある。植民地のために...

  • ねことパリジェンヌに学ぶリラックスシックな生き方 1201円
    作家 米澤よう子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/01/19

    ★パリジェンヌはねこに似てる――!? 両者の「シンプルなのに素敵」を大解剖 ・「何もしないでボーっとする」のはまるで瞑想タイム ・「水分補給は迷わず水」だからいつも頭も体もすっきり ・「野性の...

  • オッパイ入門 1201円
    作家 東海林さだお
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/01/12

    ◎これなくして人類はいきられない!◎ ・「おっぱい」には謙虚であらねばならない――。浮世絵からマリリン・モンローまで「入門編」「実技編」「応用編」を論じたショージ的「おっぱい入門」。 ・タオル...

  • 煩悩ウォーク 1300円
    作家 岡宗秀吾
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/11/30

    神戸のベッドタウンに生まれ、ボーイスカウト、チェッカーズ、おニャン子クラブ、ゾンビ映画やオカルトものにハマって育ち、17歳で高校中退。服飾専門学校に通いながら自分を探していた1995年1月17日...

  • 清張鉄道1万3500キロ 1300円
    作家 赤塚隆二
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/11/30

    社会派ミステリーを確立した松本清張は、トラベルミステリーの開祖でもあった! 清張作品に描かれた鉄道シーンを網羅した画期的な研究本。 等身大の刑事たちが靴の底をすり減らし、じわりじわりと事件の真...

  • 藤沢周平 遺された手帳 1300円
    作家 遠藤展子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/11/29

    作家・藤沢周平が亡くなって二十年。 娘・遠藤展子さんの手元には、父の手帳、計4冊が遺されていた。そのなかには、展子さんが生まれた昭和38年から、直木賞を受賞し、作家生活に踏み出した昭和51年まで...

  • ほの暗い永久から出でて 生と死を巡る対話 1201円
    作家 上橋菜穂子 津田篤太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/10/30

    世界的な物語作家と聖路加の気鋭の漢方医が打ち合う、生命を巡る白熱のラリー! 『精霊の守り人』から医学の未来まで、知的好奇心を刺戟する圧倒的な面白さ! なんのために生まれ、なんのために生き、なん...

  • 人生エロエロだもの 1000円
    作家 みうらじゅん
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/10/06

    男は度胸、女は愛嬌、なんてキャッチフレーズは、いつの時代のものだろうか? 今ではすっかり男は煩悩、女は本能で生きている......。 少年時代のときめき、初めてできた恋人との甘酸っぱい思い出、...

  • コラムの王子さま(42さい) 1000円
    作家 渋谷直角
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/08/30

    『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』作者の魅力全開! 漫画家・コラムニストとして、サブカル界で独自の道を進んできた著者の、6年ぶりのコラム本がついに刊行。 「とても」の丸...

  • 尾木のママで 言わせていただくワ 1201円
    作家 尾木直樹
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/08/24

    歯に衣着せずに言わせていただくワ! 偏差値至上教育やいじめ問題など専門の教育分野から、世相・芸能・時事問題まで、 時にバッサリ、時に愛情たっぷり。 歯に衣着せずに言わせていただく尾木ママ節が炸...

  • 父・福田恆存 1800円
    作家 福田逸
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/07/28

    “父殺し”に至る親子の葛藤とは―― 没後二十余年、初公開資料で大岡昇平・吉田健一・三島由紀夫ら 「鉢木會」の交わりから、晩年の父子の軋轢までを率直に描ききった追想録。 大岡昇平との和解。終生...

  • 風と共にゆとりぬ 1201円
    作家 朝井リョウ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/06/30

    ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR 2015 1位!(エッセイノンフィクション部門) 『時をかけるゆとり』に続く、待望の第二弾。 「別冊文藝春秋」「日本経済新聞 プロムナード」掲載分...

  • 反戦後論 1500円
    作家 浜崎洋介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/06/02

    1978年生まれの筆者の周囲にあったのは、茫漠たる郊外――ニュータウンだった。 その出発点から、戦後思想とはどのように映るのか? 大東亜戦争、象徴天皇、三島由紀夫、小林秀雄、福田恆存、柄谷行人...

  • 夫・車谷長吉 1300円
    作家 高橋順子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/06/02

    この世のみちづれとなって―― 十一通の絵手紙をもらったのが最初だった。 直木賞受賞、強迫神経症、お遍路、不意の死別。 異色の私小説作家を支えぬいた詩人の回想。 【本文より】 長吉は二階の...

  • 女と男の品格。 800円
    作家 伊集院静
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/05/26

    大好評連載の傑作選 週刊文春の大人気連載「悩むが花」に掲載された数百の人生相談から、厳選した名言苦言を一挙収録。 人生に効く100の処方箋。 読めば大人の流儀を会得できる!? 【目次】 ・哀...

  • 苦汁100% 1000円
    作家 尾崎世界観
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/05/24

    本当に大切なことは書かないし、書けない。 だから、書く。 楽しい。恐い。売れたい。 嬉しい。悔しい。やりたい。 ロックバンド・クリープハイプのフロントマンであり、 初小説『祐介』が話題をさら...

  • あのころ、早稲田で 1300円
    作家 中野翠
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/04/21

    著者の中野翠さんは、1946年生まれの、まさに戦後ベビーブーマー第一世代(団塊世代)。1965年に早稲田大学第一政経学部経済学科に入学するも、何とクラスに女子はたった2人だった。高校時代から『共...

  • 字が汚い! 1000円
    作家 新保信長
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/04/14

    自分の字の汚さに、今さらながら愕然とした著者(52歳)は考えた。 なぜ自分の字はこんなに汚いのか、どうすれば字はうまくなるのか、字のうまい人とヘタな人は何が違うのか、やっぱり字は人を表すのか.....

  • 井上ひさしから、娘へ 57通の往復書簡 1300円
    作家 井上ひさし 井上綾
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/04/14

    父から娘へ、そして次代へ―― いまなお遺された多くの小説、戯曲が人々を魅了し続ける井上ひさし。 没後7年を前に、ご本人の言葉が、単行本未収録の手紙という形でよみがえります。 井上さんには、千葉...

セーフサーチの状態