読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

文春e-bookの作品一覧

461件中1-24件 (1/20ページ)
  • おなかのおと 1300円
    作家 菊池亜希子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/29

    むぐむぐ、むしゃむしゃ、むふふのふ。<br>「美味しい」って楽しくて嬉しくて、<br>ちょっと切ない。<br><br>大好きな食べ物のことを考えると、私のお腹はきゅるると鳴り、<br>耳の根っこ...

  • 魔法使いと最後の事件 1300円
    作家 東川篤哉
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/28

    小山田刑事と魔法使いマリィは無事に結ばれるのか?<br>人気の「魔法使いマリィ」シリーズ最終巻。<br><br>オカルト誌に魔法使いの正体を暴かれ、小山田刑事の前から姿を消したマリィ。今回ばかり...

  • わが殿 (1~2巻) 1300円
    作家 畠中恵
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/27

    合戦が始まる。敵の名は、借金 幕末期、赤字に喘ぐ大野藩。内山七郎右衛門は藩主の土井利忠と共に藩政改革を断行し、財政を立て直そうとする。新感覚歴史経済小説!

  • 里奈の物語 1701円
    作家 鈴木大介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/27

    この国に生きる、かつて少女だったあなたへ。 ルポ『最貧困女子』著者が世に放つ、感涙の初小説。 物置倉庫で育った姉妹は、朝の訪れを待ちわびた。 幾つもの暗闇を駆け抜けた先に、少女がみつけた希望と...

  • みらいおにぎり 1300円
    作家 桧山タミ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/27

    「タミ先生、どうしたら幸せになれるの?」 福岡在住の93歳の料理家タミ先生が、小学生に贈る幸せな未来のお話。 九州・福岡から火がついて、累計10万部突破! 90代現役料理家・タミ先生の新しい本...

  • 音に聞く 1300円
    作家 高尾長良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/20

    デビュー以来連続して芥川賞候補になってきた二十代天才女性作家が、沈黙を破り放つ決定打。 作曲に天賦の才をみせる15歳の妹。母語から離れ、自らの言語表現を模索する姉。『肉骨茶』『影媛』で注目を集め...

  • 夜の谷を行く 1400円
    作家 桐野夏生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/15

    桐野夏生が挑む、「連合赤軍」の真実。 いま明かされる「山岳ベース」で起こった出来事。「総括」とは何だったのか。集った女たちが夢見たものとは――。 桐野の作品世界で新解釈される“女たちの連合赤軍事...

  • 潮待ちの宿 1599円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/15

    海に臨む宿で少女が待つものとは―― 歴史小説の名手が初めて挑む人情噺。 口減らしのため備中の港町・笠岡の「真なべ屋」に連れてこられた志鶴。 潮待ち宿のそこでは、商人や仲買人たち、時には怪しい旅...

  • グランドシャトー 1500円
    作家 高殿円
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    「楽しいことは、みんな大阪から始まった!」 大阪京橋のキャバレーで、導かれるように出会ったふたりの女。 昭和から平成へ、家族を超えた絆を描く女と街の物語。 日本中が高度経済成長に沸く昭和38年...

  • 小さな場所 1400円
    作家 東山彰良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    ここで、ぼくは生きている――台北市紋身街 日台同時発売! 切なく沁み入る傑作連作集 台北の紋身街は、日本でいえば新宿・歌舞伎町一番街の一角か、あるいは渋谷センター街の裏路地か――。 世界中のど...

  • あたいと他の愛 1001円
    作家 もちぎ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    Twitter フォロワー47万超え「ゲイ風俗のもちぎさん」のルーツが明らかに! おせっかいでも、人の悩みを聞いて一緒に考え、腐らずに立ち向かってみる。 そんな“もちぎ”ができるまでを描いた初の...

  • 日本の戦後を知るための12人 池上彰の<夜間授業> 1400円
    作家 池上彰
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/13

    現代日本を形作ったキーパーソン12人を語りつくす! 田中角栄、渡邉恒雄、ホリエモンに池田大作、上皇陛下まで......、毀誉褒貶ありつつも戦後日本を決定づけた人々を池上解説。 2018年から文...

  • 本意に非ず 1500円
    作家 上田秀人
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/11

    光秀はなぜ信長を討ったのか――。 文庫書き下ろしの人気作家による本格歴史小説集! 明智光秀――一番愚かなのは余よな。気づかぬうちに愚挙の旗印にされていた。 松永久秀――極悪の者という評判は三好...

  • 文藝春秋オピニオン 2020年の論点100 1400円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/06

    大学入試改革にいちはやく対応! 各界の俊英が2020年に日本が直面する100の課題を徹底的に論じる。 ●5大特別企画● 【1 対論で思考力を鍛える】 愛子天皇を認めるべきか/FB「リブラ」がも...

  • 千石社シリーズ 1300円
    作家 大崎梢
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/10/31

    野球もサッカーもとんと知らない私がどうしてスポーツ雑誌編集部に!?<br>ドラマ化で人気の〈千石社〉シリーズ、次なる舞台はスポーツ誌。<br><br>子供の頃にスイミングスクールに通っていたもの...

  • ファースト クラッシュ 1400円
    作家 山田詠美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/10/30

    初恋、それは身も心も砕くもの。 母を亡くし、高見澤家で暮らすことになった少年に、三姉妹はそれぞれに心を奪われていく。 プリズムのように輝き、胸を焼く記憶の欠片たち。 現代最高の女性作家が紡ぎだ...

  • はんぶんのユウジと 1300円
    作家 壇蜜
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/10/25

    絶妙な毒とユーモアで贈る、待望の連作短編小説 新婚早々見合い結婚した夫を亡くし、悲劇の未亡人というレッテルを貼られたイオリ。悲しむこともできず、夫の遺骨と暮らし始めるが。

  • 殺し屋が解く日常の謎 (1~2巻) 1223円1300円
    作家 石持浅海
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/10/23

    安心、安全のシステムで、殺し屋、やってます。 コンサルティング会社を営む男、富澤允。 彼には裏の仕事があった。 650万円の料金で人殺しを請け負う「殺し屋」だ。 依頼を受けたら引き受けられる...

  • 別冊文藝春秋 (1~28巻) 200円801円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/10/18

    1946年に創刊以来、井伏鱒二、川端康成、坂口安吾、三島由紀夫......と綺羅星の如き作家が登場してきた「別冊文藝春秋」が、電子版へと大リニューアル。記念すべき電子化第一号は、道尾秀介と綾野剛...

  • べらぼうくん 1100円
    作家 万城目学
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/10/11

    「水たまりをのぞいたら、そこに映っていたのは青い空だった――」 万城目学が『鴨川ホルモー』で鮮烈なデビューを飾るまでの物語。 べらぼうとは漢字で「篦棒」と書く。 「あまりにひどい」「馬鹿げてい...

  • リンカーン・ライム 2200円
    作家 ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/10/10

    『ボーン・コレクター』のリンカーン・ライム・シリーズ最新作! ダイヤへの妄執を紡ぐ殺人者――ニューヨークを揺るがす大犯罪を暴け。 シリーズ原点回帰の傑作。 ダイヤモンド店で三人の男女が無惨に殺...

  • 社労士のヒナコ 1500円
    作家 水生大海
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/10/04

    経営者「きれいごとばかり言ってられないよ」vs.「法律は守らなくてはなりません」社労士 社労士は誰の味方? 割り切れない世の中でも信念をもってはたらく社労士二年生・朝倉雛子! ・雇用の新ルール...

  • 朝顔同心 1500円
    作家 梶よう子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/09/27

    花に殉じる覚悟を持った男が踏み外した道とは―― 松本清張賞受賞作『一朝の夢』、続編『夢の花、咲く』に続く“朝顔同心”シリーズ第3弾。 変化朝顔の栽培が生きがいの同心・中根興三郎は、菊作りで糊口...

  • Iの悲劇 1400円
    作家 米澤穂信
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/09/26

    一度死んだ村に、人を呼び戻す。それが「甦り課」の使命だ。 『満願』『王とサーカス』で史上初の二年連続ミステリランキング三冠を達成した著者が放つミステリ悲喜劇! 山あいの小さな集落、簑石。 六年...

セーフサーチの状態