読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

文春e-bookの作品一覧

195件中1-24件 (1/9ページ)
  • 里奈の物語 1701円
    作家 鈴木大介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/27

    この国に生きる、かつて少女だったあなたへ。 ルポ『最貧困女子』著者が世に放つ、感涙の初小説。 物置倉庫で育った姉妹は、朝の訪れを待ちわびた。 幾つもの暗闇を駆け抜けた先に、少女がみつけた希望と...

  • 音に聞く 1300円
    作家 高尾長良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/20

    デビュー以来連続して芥川賞候補になってきた二十代天才女性作家が、沈黙を破り放つ決定打。 作曲に天賦の才をみせる15歳の妹。母語から離れ、自らの言語表現を模索する姉。『肉骨茶』『影媛』で注目を集め...

  • グランドシャトー 1500円
    作家 高殿円
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    「楽しいことは、みんな大阪から始まった!」 大阪京橋のキャバレーで、導かれるように出会ったふたりの女。 昭和から平成へ、家族を超えた絆を描く女と街の物語。 日本中が高度経済成長に沸く昭和38年...

  • 小さな場所 1400円
    作家 東山彰良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    ここで、ぼくは生きている――台北市紋身街 日台同時発売! 切なく沁み入る傑作連作集 台北の紋身街は、日本でいえば新宿・歌舞伎町一番街の一角か、あるいは渋谷センター街の裏路地か――。 世界中のど...

  • 千石社シリーズ 1300円
    作家 大崎梢
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/10/31

    野球もサッカーもとんと知らない私がどうしてスポーツ雑誌編集部に!?<br>ドラマ化で人気の〈千石社〉シリーズ、次なる舞台はスポーツ誌。<br><br>子供の頃にスイミングスクールに通っていたもの...

  • ファースト クラッシュ 1400円
    作家 山田詠美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/10/30

    初恋、それは身も心も砕くもの。 母を亡くし、高見澤家で暮らすことになった少年に、三姉妹はそれぞれに心を奪われていく。 プリズムのように輝き、胸を焼く記憶の欠片たち。 現代最高の女性作家が紡ぎだ...

  • はんぶんのユウジと 1300円
    作家 壇蜜
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/10/25

    絶妙な毒とユーモアで贈る、待望の連作短編小説 新婚早々見合い結婚した夫を亡くし、悲劇の未亡人というレッテルを貼られたイオリ。悲しむこともできず、夫の遺骨と暮らし始めるが。

  • 殺し屋が解く日常の謎 (1~2巻) 1223円1300円
    作家 石持浅海
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/10/23

    安心、安全のシステムで、殺し屋、やってます。 コンサルティング会社を営む男、富澤允。 彼には裏の仕事があった。 650万円の料金で人殺しを請け負う「殺し屋」だ。 依頼を受けたら引き受けられる...

  • 別冊文藝春秋 (1~28巻) 200円801円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/10/18

    1946年に創刊以来、井伏鱒二、川端康成、坂口安吾、三島由紀夫......と綺羅星の如き作家が登場してきた「別冊文藝春秋」が、電子版へと大リニューアル。記念すべき電子化第一号は、道尾秀介と綾野剛...

  • べらぼうくん 1100円
    作家 万城目学
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/10/11

    「水たまりをのぞいたら、そこに映っていたのは青い空だった――」 万城目学が『鴨川ホルモー』で鮮烈なデビューを飾るまでの物語。 べらぼうとは漢字で「篦棒」と書く。 「あまりにひどい」「馬鹿げてい...

  • 社労士のヒナコ 1500円
    作家 水生大海
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/10/04

    経営者「きれいごとばかり言ってられないよ」vs.「法律は守らなくてはなりません」社労士 社労士は誰の味方? 割り切れない世の中でも信念をもってはたらく社労士二年生・朝倉雛子! ・雇用の新ルール...

  • 絶望スクール 池袋ウエストゲートパークXV 1324円
    作家 石田衣良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/09/12

    【2020年、シリーズTVアニメ化決定!!】 ――絶望を学ぶスクールがあるのを、しっているだろうか。 多国籍料理店でアルバイトをするベトナム人留学生ミンの様子がおかしい。 旧友のオーナーから...

  • スナック墓場 1324円
    作家 嶋津輝
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/09/12

    〈生きる姿勢が美しい人〉は、ときに可笑しくて、でもじんわりと沁みる。 “どっかりしていて、愛嬌がある小説”(森絵都「第96回 オール讀物新人賞選評より) つぶれたスナックの女性店員たちが開いた...

  • 楽園の真下 1629円
    作家 荻原浩
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/09/11

    最後に生き残るのは誰だ!? 一気読み必至のサイエンス・サスペンス長編! 日本でいちばん天国に近い島といわれる「志手島」は、本土からは船で19時間、イルカやクジラの泳ぐコーラルブルーの海に囲まれ...

  • ラッコの家 1324円
    作家 古川真人
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/07/31

    見えないからこそ見えてくるものがある。夢とリアルが絶え間なく交錯する老女は、自らの空想に怯えていたことを笑い飛ばして生きる。 老女の“意識の流れ”を描く、第161回芥川賞候補作「ラッコの家」と...

  • 五つ数えれば三日月が 1223円
    作家 李琴峰
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/07/31

    日本で働く台湾人の私。 台湾人と結婚し、台湾に移り住んだ友人の実桜。 平成最後の夏、二人は5年ぶりに東京で再会する。 話す言葉、住む国――選び取ってきたその先に、 今だから伝えたい思いがある。...

  • 1629円
    作家 雷鈞 稲村文吾
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/07/24

    島田荘司推理小説賞史上最高傑作と大評判! 聡明な盲目の少年がインターポール捜査員とともに、凄惨な〈幼児目潰し事件〉の真相に迫る! 中国の孤児院で育ち、裕福なドイツ人夫婦の養子となった盲目の少年...

  • 夏物語 1629円
    作家 川上未映子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/07/11

    世界十数ヵ国で翻訳決定! 生まれてくることの意味を問い、人生のすべてを大きく包み込む、泣き笑いの大長編。 著者渾身の最高傑作! 大阪の下町に生まれ育ち、小説家を目指し上京した夏子。38歳になる...

  • 愛が嫌い 1528円
    作家 町屋良平
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/06/27

    おおきくなる、つよく逞しく、この夜を越えてゆけ。 自分の、ひとつひとつの輪郭がぼやけて、危機感をもてないまま 今日も一日をやり過ごす。就職して恋愛結婚して、その先に何があるだろう。 地震に金融...

  • 黄色い実 紅雲町珈琲屋こよみ 1427円
    作家 吉永南央
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/06/20

    「正しい」は時として辛い――でも大丈夫、一人じゃないから。 累計60万部の大ヒットシリーズ第7弾! 小さくもセンスの良い雑貨と珈琲の店「小蔵屋」を営むおばあさん、お草さんの元には町の噂話や事件...

  • 美しき愚かものたちのタブロー 1528円
    作家 原田マハ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/05/31

    国立西洋美術館、開館60周年! 記念すべき年に贈る、原田マハにしか書けない日本と西洋アートの巡りあいの物語。 日本に初めて「美術館」という概念をもたらした破天荒な実業家、松方幸次郎。 戦火のフ...

  • 百花 1324円
    作家 川村元気
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/05/15

    「あなたは誰?」 息子を忘れていく母と、母との思い出を蘇らせていく息子。 ふたりにとって忘れることのできない“事件”とは? 現代に新たな光を投げかける、愛と記憶の物語。 大晦日、実家に帰ると母...

  • 夢見る帝国図書館 1629円
    作家 中島京子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/05/15

    私が年の離れた友人から依頼されたのは「図書館が主人公の小説」だった。 本に学び、本を守り、本を愛した人々の物語。 文章修業をしている「わたし」は上野図書館に並々ならぬ愛着を抱く喜和子さんに出会...

  • 淀川八景 1427円
    作家 藤野恵美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/04/22

    泣いても笑っても、大阪! 地元・大阪をこよなく愛する著者だから書けた、涙と笑いの八つの物語。 大阪で生まれ育った著者が愛しい風景を明るく、切なく温かく描きだす。 「あの橋のむこう」:東京で...

セーフサーチの状態