読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

文春e-bookの作品一覧

5件中1-5件 (1/1ページ)
  • 国家と道徳 令和新時代の日本へ 1100円
    作家 廣池幹堂
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/28

    あの戦争が終ってから74年。日本は経済的には繁栄を極めた。しかし、国民の心はどうなったのか。<br>GHQによってもたらされた「戦後民主主義」は、本当の民主主義とちがって、個人の自由、平等ばかり...

  • デカルトからベイトソンへ――世界の再魔術化 3464円
    作家 モリス・バーマン 柴田元幸
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/07/25

    17世紀、デカルトとニュートンのパラダイム成立によって、世界から魔術が失われた。 貨幣による資本主義と合理的な科学思考によってできあがった近代的な世界。 魔術は科学に置き換えられてしまった。しか...

  • アメリカ紀行 1324円
    作家 千葉雅也
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/05/29

    哲学の中心はいま、アメリカにあるのか? ベストセラー『勉強の哲学』の直後、 サバティカル(学外研究)で訪れたアメリカの地で、 次なる哲学の萌芽は生まれるのか。 聖なるもの、信頼、警報、無関係、...

  • 明るく死ぬための哲学 1324円
    作家 中島義道
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/06/27

    私が住んでいる世界、私が見ている世界は「このようにある」のではない。 客観的世界のあり方と、「私がある」というあり方はまったく異なるのだ。 「私がある」とは、私がこの世界には属さないということで...

  • 存在と時間 ――哲学探究1 1629円
    作家 永井均
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2016/04/15

    どうして自分だけが私なのか、そして他人は私ではないのか。 生み出される意識のうちの一つが、なぜ現実に感じられる私の意識なのか。 なぜ意識できる意識は一つしかなく、意識できない意識が無数にあるのか...

  • 1
セーフサーチの状態