読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「講談社文庫」に掲載された作品一覧

2101件中1-24件 (1/88ページ)
  • Killers 上下合本版 1782円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/05/22

    殺人者は、いつの時代にも存在する。2020年東京五輪に向けて再開発が進む渋谷区のアパートで、老人の他殺体が発見され、かつての名家の人間だったことが判明する。いったい、この男は何者なのか――。五十...

  • 対馬丸事件 沖縄の悲劇 550円
    作家 石野径一郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/04/01

    太平洋戦争末期、学童・教師・父兄・病人等1600余名を乗せて、沖縄を逃れ、本土へ向かった学童疎開船・対馬丸は、トカラ列島の一つ、悪石島沖で米潜水艦の魚雷を受けて沈没した。この事実は、長い間、軍の...

  • 推理日記(5) 1210円
    作家 佐野洋
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/29

    ミステリーは人生だ。実作者の目でみた鋭い分析と細部への徹底したこだわり......。辛口で鳴るミステリーの名匠が贈る、正統派ミステリー読本。松本清張から、赤川次郎、宮部みゆきまで多くの作家の作品...

  • エネミイ 628円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/01/01

    加害者を許せますか? 暴力団抗争の巻き添えにより娘を射殺された父親をはじめ、愛する家族を喪った犯罪被害者たちが、ある喫茶店に集まった。彼らは加害者に報復を誓う。次々に殺される加害者たち。事件の背...

  • 倒錯のロンド 649円
    作家 折原一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/01/01

    精魂こめて執筆し、受賞まちがいなしと自負した推理小説新人賞応募作が盗まれた!? ‐‐その"原作者"と"盗作者"の、緊迫の駆け引き。巧妙極まりない仕掛けとリフレインする謎が解き明かされたときの衝撃...

  • 推理日記(4) 605円
    作家 佐野洋
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/12/14

    推理小説を何倍も楽しんでもらうための「誌上講演・ミステリーのできるまで」と、その実験・応用編たる短編作品「佳人豹変」も同時収録した、新機軸・立体構成の、出色の推理批評シリーズ、第4巻。推理愛好家...

  • 分断 百万石の留守居役(十二) 748円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/12/14

    幕府から江戸召喚の命が下った百万石加賀藩の筆頭家老・本多政長は、数馬を連れて急ぎ金沢を出立した。だが江戸城では老中たちの権力争いに、加賀藩が巻き込まれつつあった。藩主の留守中に無頼たちに襲撃され...

  • 新装版 間宮林蔵 838円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/10/01

    19世紀初頭、世界地図の中で樺太は唯一謎の地域だった。樺太は島なのか、大陸の一部なのか。樺太調査に挑んだ間宮林蔵は、苛酷な探検行の末、樺太が島であることを確認する。その後、シーボルト事件に絡んで...

  • 三姉妹探偵団(25) 三姉妹、さびしい入江の歌 836円
    作家 赤川次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/09/14

    静かな入江にある<ホテル犬丸>に休暇を楽しみに来た佐々本三姉妹--綾子、夕里子、珠美。ホテルでは21歳の矢澄佐知子が、下働きから突然、新しい支配人になったところだった。そこに隣り町で殺人事件が発...

  • 呉越春秋 湖底の城 七 693円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/09/14

    楚の出身である范蠡(はんれい)は十二歳の時、家族と住居を盗賊の襲撃により失った。奇跡的に難を逃れた彼は、父の親族がいる越の会稽へ移り住み、賢者・計然のもとで学ぶ。ここで親友の種(しょう・後の大夫...

  • 影の守護者 警視庁犯罪被害者支援課5 924円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/08/10

    北多摩で起きた交番襲撃事件。被害者は定年を間近にした益田巡査部長、銃による射殺だった。被害者遺族のケアのために現地に向かう村野たち支援課員だが、益田巡査部長の息子・智樹は捜査一課の刑事でもあった...

  • 騒動 百万石の留守居役(十一) 726円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/06/14

    藩主綱紀の使者として赴いた越前松平家の城内で刀を振るうことになった数馬に、追っ手がかかる。仮祝言を挙げたばかりの琴も黙っていない。京に向かう女行列を仕立て、女忍の軒猿たちと数馬奪回に向かった。そ...

  • フォー・ユア・プレジャー 827円
    作家 柴田よしき
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/04/01

    新宿2丁目の無認可保育園「にこにこ園」の園長でありながら、園の赤字を埋めるため、ヤクザがらみの裏の調査業を引き受けざるを得ないヤメ刑事の主人公花咲。今度の依頼は、豊満ボディのOLが一夜を過ごした...

  • 緘殺のファイル 監察特任刑事 814円
    作家 姉小路祐
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/03/15

    ベテラン刑事の誤認逮捕問題を調査中の特任監察官・戻橋は、自殺した容疑者が生体認証技術研究で有名な教授と、繋がりをもっていたことに不審を抱く。産業スパイの影に怯える警察上層部と"シダレザクラ"と呼...

  • 隠密 味見方同心(九) 殿さま漬け 671円
    作家 風野真知雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/01/12

    兄・波之進を殺害した下手人を追って浮かび上がってきたのは、かの御三家水戸藩。そんな大物が相手では、兄貴の仇はもう諦めるしかないのか......。大川に身投げしたいほど落胆する魚之進に、吉原で殺し...

  • 忖度 百万石の留守居役(十) 726円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/12/15

    神君家康の次男秀康の血を引く越前松平家は、幕府にとって格別な藩となる。外様第一の加賀藩にとっては監視される隣藩でもある。藩主前田綱紀のお国入りの際に襲撃しようとしたのは、越前の者なのか? 数馬の...

  • 影のクロス 監察特任刑事 792円
    作家 姉小路祐
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/10/13

    警察官の不正を糾す監察官を、さらに監察する特権をもった刑事・戻橋京一郎。目下、西寺公園で発生した爆破事件で厳戒態勢にある市内で、犯人は碁盤の目状の通りを利用し、警備を攪乱する。同じ現場で起きた自...

  • 迷路の旅人 550円
    作家 倉橋由美子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/10/01

    想像力・思想・文体・文章・テーマ等々、小物を構成する諸々の要素に触れて、何が本物の小説かを論じた長編評論「反小説論」。"異常で病的で幼稚"な今日の文学の風潮を批判した「遊びと文学」。ほかに、ユニ...

  • 大江戸妖怪かわら版7 大江戸散歩 528円
    作家 香月日輪
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/09/08

    天下泰平の大江戸市中で、健気に生きる少年・雀の日常をつづった「風流大江戸雀」。人狼の魔人・百雷の同心としての活躍を描く「八丁堀同心百雷、定町廻りす」などをはじめとする、六編の短編オムニバス。読者...

  • 隠密 味見方同心(八) ふふふの麩 671円
    作家 風野真知雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/14

    江戸の味を知り尽くした、あの人気料理人も驚愕の面白さ。「料理は無限である。読む程に空想の味を再現したくなった」―つきぢ田村三代 田村隆。僧侶となって正体を隠す伝説の大悪党・河内山宗俊に強引に連れ...

  • 因果 百万石の留守居役(九) 726円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/14

    加賀藩領内に入り、お国入りの一行がほっとしたのもつかの間、高岡の名刹瑞龍寺境内で、襲撃者が藩主綱紀を狙う。道中交渉役をはたしてきた数馬が、応戦するのだが......。そして数馬を待つ琴のいる金沢...

  • 祟り婿 古道具屋 皆塵堂 704円
    作家 輪渡颯介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/06/09

    店主の伊平次が曰く品ばかり仕入れるため、古道具屋皆塵堂は怪異騒動が続き、評判になっていた。ところが幽霊や呪いの類をまったく信じないばかりか、幽霊が見える太一郎を敵視する男、連助が皆塵堂の新たな押...

  • 忍者烈伝ノ乱 天之巻 858円
    作家 稲葉博一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/05/12

    西国・北畠家の婿となった織田信長の次男・信雄は、「三瀬の変」で北畠一族を暗殺して伊勢を手中にした。次なる目標は隣国の伊賀。しかし、危機を察した伊賀衆の知略によって、目論見は頓挫する。血気盛んな彼...

  • 地獄堂霊界通信(8) 726円
    作家 香月日輪
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/05/12

    天界から逃げ出した謎の生命体「幸福」を追い、術師・蒼龍(そうりゅう)とともに、妖精界へと旅立った三人悪。そこで彼らは満ち足りた幻に支配されてしまう!リョーチンは悩む――「幸福」とは一体何なのか....

セーフサーチの状態