読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「講談社文庫」に掲載された作品一覧

4102件中25-48件 (2/171ページ)
  • 明智小五郎全集 1080円
    作家 江戸川乱歩
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    もじゃもじゃの髪をかきむしり、難事件を鮮やかに解く、名探偵・明智小五郎。『D坂の殺人事件』でデビュー以来、乱歩の本格推理や少年ものに登場、天才的な推理力で絶大な人気を獲得する。本書は、近代的名探...

  • 仮想敵国ニッポン アメリカの対日戦略シフト 702円
    作家 小川和久
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    日本人は、日米経済摩擦の問題を経済の土俵だけで解決できる、と錯覚している。だが、本書の政治・軍事情報などの分析によって、巨大な実像を結んでいくアメリカの奥深い戦略を知ることで、その思いこみが幻想...

  • 孤道 完結編 金色の眠り 778円
    作家 和久井清水
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    殺された鈴木の祖父で、名家の当主義麿が綴ったノートを託された浅見は、事件の核心に迫る記述に引き込まれていく。戦時中の阿武山古墳盗掘疑惑、考古学者同士の対立、新たな殺人――。さらなる悲劇を招いたの...

  • ガーディアン 799円
    作家 薬丸岳
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    「ようこそ。これであなたはガーディアンの一員です。学校でのあなたの身の安全は保証されます」。教師や親にはその存在を明かしてはならない、生徒による中学の「自警団」、ガーディアン。問題ある生徒に制裁...

  • うちの旦那が甘ちゃんで 3 648円
    作家 神楽坂淳
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    最近江戸で「九両強盗」というものが流行っていた。情報は奉行のもとに届くが、盗難届は出ない。「十両以上の盗み」は打ち首、九両なら遠島。ぎりぎりの線を狙った強盗である。そのうえ、強盗はかなりのイケメ...

  • 八丁堀の忍(二) 大川端の死闘 756円
    作家 倉阪鬼一郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    わらべの頃から伊賀の山中で人体兵器として養成される、おそるべき裏伊賀の集団。十五の若者・鬼市は、決死の思いで抜け忍となり、隠密廻り同心・城田新兵衛に出会った。生まれてはじめて人の優しさに触れ、江...

  • いつか王子さまが 648円
    作家 岸本裕紀子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    もっと素敵になりたい、なにかに挑戦したいあなたに......。愛と結婚、仕事、マネー、おしゃれ――ほしいものを手にするために知恵をしぼり、抱えきれないほどの夢を実現した、ニューヨークの女性たち。...

  • 学問のすゝめ 540円
    作家 福沢諭吉・土橋俊一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずといえり」なる言葉より説きおこし、人の心に根深く巣くう封建思想を排撃、明治という新しい時代の個人、国家の在り方を広く一般に訴えた、福沢の代表著作の一つ。...

  • 孤道 799円
    作家 内田康夫
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    盗まれた牛馬童子の首が、不可解な殺人を招く。「熊野古道」が結ぶ大いなるミステリーに浅見光彦が挑む! 最後の浅見シリーズ。

  • ヒーローの選択 886円
    作家 行成薫
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    契約件数ワースト記録を更新中の負け犬セールスマン・清水勇介は、飛び込んだ安アパートで小学校時代の旧友である小山田と再会。契約につられて部屋にあがったのも束の間、小山田がラジカセから流したラップは...

  • 小さな恋のうた 713円
    作家 平田研也
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    音楽を愛し、小さな島でめいっぱい青春を生きる高校生たちの物語。友情、家族、恋、そして沖縄をとりまく"日本の今"を描く感動作!

  • 小説 角栄学校 756円
    作家 浅川博忠
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    永田町で日本を動かす者たちは、この男を「師」と仰いだ。竹下登、細川護熙、羽田孜、橋本龍太郎、小渕恵三と5人の首相を輩出し、娘・眞紀子へと連なる「角栄学校」とは何だったのか? 戦後最強の政治家の実...

  • リボルバー・リリー 1123円
    作家 長浦京
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    小曽根百合――実業家・水野寛蔵の下、幣原機関で訓練を受け、16歳で実地任務に投入。東アジアを中心に3年間で57人の殺害に関与し、各国大使館から「最も排除すべき日本人」と呼ばれた美しき諜報員。20...

  • 忍びてゆかな 小説 津田治子 756円
    作家 大原富枝
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    少女時代にハンセン病を発病した津田治子は、終生その苦しみの中に生きた。現代では特効薬が発見されてハンセン病は治る病気となったが、彼女がその恩恵に浴するには発見が遅きに過ぎたというほかはなかった。...

  • 原潜回廊 日本近海での米ソ秘密戦の実態 648円
    作家 小川和久
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    緊迫した国際情勢の中、日本をとりまく近海では、いまや想像を絶する、科学技術を結集した米ソ原潜による、熾烈な戦いが繰り広げられている。軍事機密という分厚い遮蔽板の向こう側で、米ソがどのような形で海...

  • K2 池袋署刑事課 神崎・黒木 734円
    作家 横関大
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    池袋が大変だ。猿が逃げ、警察官が人を投げ、他の女と浮気をしそうになると犯人が現れる。謎が謎を呼ぶ事件のそばには、いつも神崎と黒木がいる。頁をめくるたび現れる興奮と感動。最終話で、神崎は究極の二択...

  • 愛なんかこわくない 心を伝えるパフォーマンス 540円
    作家 佐藤綾子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    だれかを愛し、愛されない人生は、寂しいものです。でも、愛に捉われすぎて、臆病になっていませんか? 失うのが怖ろしくて本当の自分を見せられない人、愛しながらも好きといえず逃がしてしまう人は、愛をこ...

  • 竜宮の乙姫の元結いの切りはずし 648円
    作家 薄井ゆうじ
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    その新聞広告を見つけたのは、ローカル列車の車内でだった。「潜水夫募集。スキューバダイビングのできる屈強な男性求む。委細面談」ーー無職になって1ヵ月。汽車を降りた僕の仕事は、竜宮城捜しだった......

  • 鏡の国のアリス 594円
    作家 L・キャロル/高杉一郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    鏡のなかを通りぬけたアリスは、またまた奇妙な世界へ。おしゃべりな花たちの咲く庭をふりだしに、鏡の国を歩くアリスのまえに、つぎつぎとおかしな住人があらわれて――。「ふしぎの国のアリス」につづくルイ...

  • 真夏の妖雪 594円
    作家 小林久三
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    天保15年の真夏、古河の城下で若い岡っ引きが殺された。目撃者はいないが、彼は当時、江戸の牢から逃走した有名な蘭医・高野長英をさがしていた、という。長英が犯人なのか? そしてもう一つの謎は、被害者...

  • やわらかな心 594円
    作家 吉野秀雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    「やはらかき 心をもちて まぬがれぬ」一事を待つというも、よしなし病に苦しみ、幾度か死に会い、なお素朴な自然人の心に生きた歌人の随筆集。あの大佛次郎が、「『やわらかな心』は他人には悲壮とみえる生...

  • 情報フィールドノート 激動の世界を読む 648円
    作家 小川和久
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    中国といえば天安門事件、ソ連といえばペレストロイカの行方というように、国際政治を流行のアラカルトでしか見られない視野の狭さが、日本人の悪い癖。ベルリンの壁崩壊に象徴される、1989年以後の世界の...

  • 警視庁刑事 私の仕事と人生 810円
    作家 鍬本實敏
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    築地八宝亭一家四人殺しに始まり、40年間に80数件の殺人事件を手がけた名物刑事が、明らかにする捜査の実態、そして警視庁の組織とは? 趣味人として内外に人望を得、美学を貫いた生涯を、みずから語る異...

  • 人間らしい死を迎えるために 702円
    作家 宇都宮直子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    苦痛の治療を選ぶのか? 安らぎのある死を選ぶのか? ーー病院のベッドで、ロボットのように多数のチューブにつながれ、耐えがたい苦しみに耐えて、ようやく迎える死。もっと苦痛をやわらげる医療はないのか...

セーフサーチの状態