読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「講談社文庫」に掲載された作品一覧

4102件中73-96件 (4/171ページ)
  • 虚構の彷徨 ダス・ゲマイネ 216円
    作家 太宰治
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    左翼運動への裏切りと鎌倉海岸での心中未遂、縊死未遂の告白を軸に、小市民的モラルを否定しながらも惨落と自負の意識に痛ましく引き裂かれていく青春の日々、その絶望の乱舞を、道化の言葉でつづった、「道化...

  • この生命を凛と生きる 756円
    作家 大石邦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    障碍はあっても出来ることはたくさんある! 30年も車椅子の娘を支えた、気丈な母がぼけ出した。母のため、初めて食事を作り、風呂に入れ、カテーテルの処置をする。「オイツメテハイケナイ」呪文を唱え、時...

  • 徒然草の知恵 540円
    作家 嵐山光三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    人生の達人・兼好法師が書いた『徒然草』は、学生には読みこなすのが少しむずかしい、大人のための本である。わが国の随筆文学の傑作を、世間で生きてゆくための実用書としてどう読むべきか。兼好のひたむきな...

  • 陽の翳る街 648円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    パン・菓子屋の娘・青瀬悠子、推理小説研究に熱中している大学生・高城寺拓、女性雑誌フリーライターの有明留美子、書店の独身店主・数々谷浩平。推理小説研究会・モザイクの会の4人は春の夜、どんぐり坂で殺...

  • 文壇ものしり帖 594円
    作家 巖谷大四
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    仮名垣魯文から現代作家にいたるまで、登場人物は百数十名......。小説ではうかがい知れない作家たちの素顔を、楽しく紹介。森鴎外のペンネームは全部で28、愛猫の死亡通知を送った夏目漱石、文士の癖...

  • 青い鳥 540円
    作家 メーテルリンク・新庄嘉章
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    時代と国境をこえて、世界中の若い魂を魅了しつづける、ノーベル賞作家メーテルリンクの不朽の名作。クリスマスの前夜、貧しい木こりの子供チルチルとミチルの兄妹が、夢に見る旅の物語を通して、人間の求める...

  • 花と果実 540円
    作家 石坂洋次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    見知らぬ大学生をホテルに誘った、美貌の中年女性。自分の行為に自信を喪失し、彼女に激励される大学生。彼の自信を回復させた、恋人の女子学生。三者の手記を通じて、開放的な若者のセックス、同性愛、近親相...

  • アラジンと魔法のランプ アラビアンナイト 648円
    作家 川真田純子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    かしこく美しい娘・シャハラザードが、千夜一夜にわたって王さまに語った「アラビアンナイト」。それは、恋愛、欲望、冒険など、すべてが全能の神の心のままに行われる、奇想天外な世界。なんでも望みがかなう...

  • 鬼会 594円
    作家 赤江瀑
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    高校のクラスメイトだった、女流作曲家・晃子の奇妙な死。その死にざまを聞かされたとき、僕は高校卒業を間近にした節分の夜を回想していた。男女合わせて6人の演劇部仲間で、鬼会の放埓な儀式を遊びに選んだ...

  • 594円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    深夜、隣人の不審な行動を目撃した少年の恐怖の体験を、サスペンス豊かに描いた、作者得意の子供を主人公にした表題作「穴」。コートを食堂で取り違えた視覚障害者が、特有の鋭い感受性で名探偵ぶりを発揮する...

  • 648円
    作家 福永武彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    春の蝶に誘われた少年の「僕」は、冒険を求めて、曠野の中に聳え立つ塔に行く。塔の中にある部屋々々を遍歴した僕は、権勢を掌握し、不可思議を探り、豪奢に酔い、人間の智慧を極める。次いで愛を得、最後の部...

  • 二つの陰画 648円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    高利貸でばっちり貯めこんでいた、アパート『満寿美荘』の女経営者が密室で殺され、しかも、遺言状が指名した遺産相続人は、まったくの赤の他人だった! 目的は遺産か? 健介・知子の新婚素人探偵局が犯人探...

  • もっと、モテる女たち 702円
    作家 岸本裕紀子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    「男の人との恋の駆け引き」「最低守るべきルール」「世渡りのワザ」「人の心の読み方」「いい女に見せる法」――恋や仕事、自分に悩んだときに読んでください。人生をハッピーにするために、すぐ役立つ日々の...

  • 三重露出 594円
    作家 都筑道夫
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    アメリカのスパイ小説「三重露出」を翻訳していると、作中に意外な人物が登場して、訳者の滝口を仰天させた。沢之内より子という日本娘で、滝口がよく知っている女性と同一人物らしい。しかも実在のより子は2...

  • 二流の愉しみ 648円
    作家 山本夏彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    真似からはじめよと説く「私の文章作法」、この世が「当人」と「他人」から成っていることを喝破した「当人論」など、現代のモラリスト、辛口のエッセイストとして定評ある著者が、世相万般にわたって偽りの正...

  • 闊歩する漱石 637円
    作家 丸谷才一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    夏目漱石の『坊っちゃん』は、あだ名づくしで書かれた反・近代小説。『三四郎』は、都市小説のさきがけ。そして『吾輩は猫である』は、価値の逆転、浪費と型やぶりによる言葉のカーニバルーー。漱石の初期3作...

  • とむらい師たち 702円
    作家 野坂昭如
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    人間、産むことはやめても、死ぬことはやめられぬ。死顔がもっている威厳と迫力に魅せられて、葬儀産業に着手――万国博に対抗して葬博の実現に賭けるガンめん、葬儀のレジャー産業化に狂奔する葬儀演出家・ジ...

  • 青い風景画 594円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    美しい津永和佳子に身辺警護の依頼を受けた私立探偵・三影潤は、伊豆の海辺にある彼女の別荘を訪れた。そこには盲目の従姉と病身の祖父が同居していたが、三影は一瞬の油断をつかれて、依頼主・和佳子が殺害さ...

  • 空気頭・欣求浄土 648円
    作家 藤枝静男
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    結核を通して肉体というものの業と、性的人間における業といったものを、医者の見地から追究。コラージュ的手法により畸型な世界を創造し、真の自己表現に到達した芸術選奨文部大臣賞受賞作「空気頭」と、穢土...

  • 戸隠伝説 702円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    作家・水戸宗衛の助手・井上は、偶然にも、謎の美女・ユミと知り合う。彼女は、戸隠の神につながる家系の娘だった。ふたりは恋人同士になり、同時に、井上自身の感覚には奇妙なものが漂いはじめる。やがて彼は...

  • モテる女たち 648円
    作家 岸本裕紀子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    モテるは女のキーワードだが、真にモテる女とは人間的な魅力にあふれた人のこと。本当にモテたければ、人間関係のルールをマスターすることだ。素敵な恋も納得いく仕事も、手に入れるやり方は同じ。モテるコツ...

  • アクナル・バサックの宝 648円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    ギメル、そこは悪人だけが住む星。全宇宙の極悪非道な犯罪者がここに送られ、送られたら最後、容易に出ることはできない。しかしこの星には、アクナル・バサックの埋めた宇宙最大の巨宝があるというのだ。とあ...

  • 同窓会奇談 648円
    作家 嵐山光三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    東京近郊の高校を卒業した男たちの数奇な人生。周辺住民に追い立てられるメッキ業者、サラ金に追われて非道な取立人に変身した男、怪しげな技でくいつなぐ大道芸人、強運な妻に救われる元博奕打ちなど、中年男...

  • 飛雲城伝説 1512円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    美少女・鈴女(すずめ)は、戦乱の嵐の中、周囲の信望を得て、飛雲城の女城主となった。鈴女は近隣諸国と友好関係を築き、大国・大潟氏とも和睦し、新国「扇の国」を樹立する。そこへ都の大王家から、北方で勢...

セーフサーチの状態