読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「講談社文庫」に掲載された作品一覧

11件中1-11件 (1/1ページ)
  • 吉川英治の世界 594円
    作家 吉川英明
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/08/12

    吉川英治の長男・吉川英明が、父の想い出、人柄、作品にまつわる家族の歴史を、遺愛の品や記念写真とともに、随想48篇に綴る。吉川英治の自筆年譜も、吉川英治記念館に保存されている当時の写真や文学資料と...

  • オヤジの細道 637円
    作家 重松清
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/08/12

    ある日、ふと気がつくと中年(オヤジ)になっていたシゲマツが、その未体験ゾーンの驚きを語りつつ、同世代にエールを送った「夕刊フジ」の大好評エッセイ。オヤジの歓びと哀しみ、ココロの秘密や如何に?

  • 松緑芸話 540円
    作家 尾上松緑
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/13

    不世出の名優・尾上松緑の芸と人生のすべてを綴る。最愛の息子・辰之助の死を乗りこえて、六代目菊五郎、父と二人の兄、三度の出征体験、脇役たちとの交遊などなど、感慨ぶかく語る。「義経千本桜」「勧進帳」...

  • 江戸禁断らいぶらりい 540円
    作家 阿刀田高
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    江戸時代は庶民文化の花ざかり。世界一短かいポルノグラフィである艶句、大胆な発想と緻密な文章技巧をこらした春本、人生の深奥を垣間みる小ばなし、いずれも江戸ならではの匂いにあふれる。それらの快作怪作...

  • 電化文学列伝 432円
    作家 長嶋有
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    作品中の家電製品の描かれ方を軸に文学を語る、新しくて深い書評エッセイ。小川洋子『博士の愛した数式』のアイロン、吉田修一『日曜日たち』のリモコン、花輪和一『刑務所の中』の電気カミソリなど、作家が作...

  • 絲的サバイバル 596円
    作家 絲山秋子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    今までやっていないことに挑戦しようと始めた「一月一回一人キャンプ」。設備の整ったキャンプ場のみならず、人里離れた自然の中、友人の家の庭など考えつく限りの場所でテントを張る。醍醐味は何といっても焚...

  • だから、僕は学校へ行く! 432円
    作家 乙武洋匡
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    「僕は恵まれていた。だからこそ、今度は僕自身が、社会のために、子どもたちのために、その力を還元していく番なのではないだろうか」。ベストセラー『五体不満足』の著者が、教育委員会の非常勤職員として子...

  • 絲的メイソウ 486円
    作家 絲山秋子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    「中学生で酒を、高校生でタバコを堂々とやっていた私だが、すき焼きの卵2つはだめだった」。ああ、人生は、なんでジグザグにしか進まないんだ!あっちにぶつかりこっちにぶつかり、ときに迷走、そして瞑想。...

  • おかしな二人 810円
    作家 井上夢人
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    2人が出会って多くの傑作ミステリーが生まれた。そして18年後、2人は別れた――。大人気作家・岡嶋二人がどのようにして誕生し、28冊の本を世に出していったのか。エピソードもふんだんに盛り込んで、徳...

  • 絲的炊事記 豚キムチにジンクスはあるのか 486円
    作家 絲山秋子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    真冬に冷やし中華に挑戦して惨敗し、締切と格闘しながら、満腹になれる丼を5連発で作る。さらにはあまり食べないエスニック料理の食材を集めて悪戦苦闘、そしてオリジナルの豚キムチに舌鼓を打つ。群馬県高崎...

  • 作家の値段 648円
    作家 出久根達郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    初版か再版か、帯や函は残っているか、美麗か、もちろん作家の人気も――さまざまな条件で古本の価値は大きく変わる。街場の古本屋は知っているのだ。本当に残るべき文学、消えていく文学とは何なのかを。読書...

  • 1
セーフサーチの状態